HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

機動戦士Ζガンダム A New Translation『星を継ぐ者』

見てきたよΖガンダム!
それなりに良かった。
カナリ多大に期待してたからソレには及ばなかった気もするけど…金返せ!とか叫びたくなるような事は無かったし結構納得です。
うーん…でも何かねぇ、色んな人がテレビ版と違う声優さんだったのがチョット残念だったかな。
アポリー、カツ・コバヤシ、ハヤト・コバヤシ、ファ・ユリィ、ブレックス・フォーラ、ライラ・ミラ・ライラ、ロザミア・バダム…まぁもっと居そうだけど取りあえず違和感感じたダケでもこんなに沢山。
まぁ仕事の都合が付かなかったのかソレ以外の何かの為なのかは分からないけどね。
しかしまぁ…一番キツイのはハヤトの声が違うことだね。
テレビ版Ζと違うキャストという以前にテレビ版、劇場版のガンダムでもずっと同じ人物(鈴木清信)が演じていたので違和感のデカイこと…。
ハヤトはΖでこそメインキャストでは無いけれど…ガンダムは何度も繰り返し再放送され長く愛された作品である。
それだけに耳に馴染んだ声と違うとカナリ雰囲気が壊れる。
まぁ個人的にはその他はそんなに思い入れのあるキャラクターでもなかったのでそれほど違和感が無かったけどね。

キャストの話はそれくらいにしておいてストーリーの話…。
コレはまぁ良かったと思う。
まだ三部作序盤であるし…文句無いです。
もう既に劇場版Ζを見た方のレビューには戦闘シーンばかりで疲れたとかかいてあったんですが、実際戦闘シーンばっかりです。
MS好きには堪らない『今の技術で描かれたMSやMA』は圧倒されるモノがあります。
が、ソレによって人物描写が減ってるのもまぁ事実だと思います。
でも今回、監督の富野由悠季氏が前向きでエンターテインメントな映画にしたいと言っていたのでソレも仕方ない気がします。
確かに…最近の映画にありがちなパンフを見ないと分からないシーンもあったし「え、あのシーン削っちゃうの?」みたいなトコはあったと思うケド…ガンダムよりエピソード数多いのに同じ三部作にした時点でソレは免れなかったんだと思う。
長い作品だけあって凝縮するためにエピソードの並びが細かい場所で違うのでテレビ版を知っていても分からないシーンってのがあったのは痛かったかな。
でも、ガンダムの時ってもっと映画長かった気がするんだが…気のせいじゃないよね?
Ζは90分あるかないか…って程度だったんだけど、ガンダムって2時間まるまるあった気がするんだよね。
まぁコレじゃ収まりきらないのは当然なのかも…。

で、絵なんだけど…コレは…なんでこんな面倒くさい事したんだろうね。
新旧の映像を織り交ぜて作るのってめちゃくちゃ苦労したと思う。
その苦労をもってしても違和感は否めなかったケド…。
MS・MAの戦闘シーンはまだそれほどでは無いんだけどキャラクターのアップは動きが激しくない分特に差異が目立った。
っていうか新カットの人物が上手過ぎ…なんか妙に肉感的でエロささえ漂ってた。
もちろん新カットのMS・MAの描写も凄く良かった。
つーかメッサーラ、ギャプラン、アッシマーはヤバイ。
ガルバルディβも良かったケドMAの3体の描き込みは何なんだ!?と思った。
アレだけ新カットで苦労しつつ旧カットの修正でも手を焼くなら最初から書き直した方が楽だったんじゃないか?とさえ思った。
当時のテレビ版を劇場版として復活させ、なおかつ未来のために新解釈を与えるってことに意義があったんだろうから文句は無いんだけど。
でもまぁ物好きだなぁ…と思う。

台詞も新しく書き直したそうなのでテレビ版とは全然違うので完全に新作気分だしね。
(希に同じ台詞の箇所もあるらしいけど…ソレは偶然らしい。)
新作画像だけで…という意見もあるようだけど分からないでも無い。
でもコレはコレで意義があるって感じでした。
あと…ネタバレかも知れないんだが、テレビ版には出てこないMSの登場シーンがあった気がするのでソコは要チェックかも。
余りにも一瞬の登場なので俺の記憶も定かじゃないんだけど…OVAのガンダム作品を見たことある人なら…もしかしたら。
っていうか誰か同じモノ見つけたって人居ないかな?
なんか余り自信ないんだ。

また、終了後スグに機動戦士ΖガンダムA New Translation Ⅱ『恋人たち』の予告編が流れるのだが…どうやらフォウ・ムラサメの声が変更されているっぽい。
あの甘ったるい絡みつくようなフォウの声じゃなかった様な…。
物語の中でもカナリ大きな意味合いをしめるエピソードの登場人物だけにもし本当に違う声優だったらカナリショックだ。
  1. 2005/06/01(水) 22:25:19|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/99-6db37ba6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。