HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Blu-rayに未来はあるのか…

GIGAZINでBlu-rayドライブが将来的に7000円程度まで価格が下落するだろうという記事を見たんだが…どうもオレ的にはしっくり来ない。
将来的というのは2012年頃になるだろうって事なんだそうですが、ホントにあと2年でソコまで価格が落ちるだろうか…。
まずBlu-rayってDVDのおよそ5倍の容量をもつワケだけど、5倍って多いか?
まぁメディアの価格が安ければ多いと感じられるかも知れないが、メディアの価格が高ければ5倍は少なく感じるモンだ。

そもそも価格が下がるつっても大きく分けて2パターンあるよね。
「価格が下がることで普及する」場合と「普及することでコストが下がって価格も下がる」場合。
個人的には後者が想像つかない。
ビデオからDVDへの変化には大きなメリットがあったケド、DVDからBlu-rayへの変化のメリットって大容量化だけなんだよね。
しかもコストも含めて考えたらメリットと呼べるほどでもないし…。
今後、高速回線を使ったサーバーへのダウンロードや、更に大容量のメディアの登場なんかも考えられるしねぇ…。
それらに対して先手を打つ意味で「価格が下がることで普及する」という事もあるかも知れないから良くは分からないけど。

それに大容量化したことで得られるメリットって高画質化だけってのもショボ過ぎる話だよね。
わざわざBlu-rayでなくとも、DVDでもテレビやプレーヤーのアップコンバート機能である程度画質の向上は望めるし、ソコまで気合い入れて画質にこだわって作品を見る様なスタイルは一般的でもないしねぇ…。
ユーザーは別に毛穴が見たいワケじゃなくてストーリーや演出や演技を見たいダケだってな事をどっかの誰かが書いてたケド、まぁオレもそう思う。
勿論、記録映画見たいなモノの場合はその限りじゃ無いケド、ソレがどれ位のシェアがあるかっていうと余り無さそうだしね。

まぁ少なくともオイラは安くなるまでは買わないだろうなぁ。
GBあたりの単価が一番安いHDDと同じくらいの値段で買える様になって始めて購入を考えると思う。
てかBlu-rayのドライブが安くなってもメディアの価格が下がらなかったらソレも微妙かなぁ…。
まぁBlu-rayのドライブでもDVDは見られるし書き込めるワケで、更にレンタルのBlu-rayが見られる事も考えたら取りあえずは買うか…。
  1. 2009/11/21(土) 12:56:04|
  2. 感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/984-bf412af3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。