HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

FC2トラックバックテーマ  第844回「心に残った絵本」


FC2トラックバックテーマ  第844回「心に残った絵本」


そりゃ誰がなんと言おうと「ぐりぐら」でしょ。
「いやいやえん」「そらいろのたね」「ももいろのきりん」等、中川李枝子の作品には大変お世話になりました。
そもそも絵本というくくりが何処までなのかよく分からんけど…。
図書館や図書室が大好きだったので小さい頃は沢山絵本や児童文学を読んだケド一番の名作は「ぐりぐら」だと思う。
「ぼくらの なまえは ぐりと ぐら このよで いちばん すきなのは おりょうりすること たべること ぐり ぐら ぐり ぐら」
やっぱこのフレーズにメロメロ…。

あとは松谷みよ子モモちゃんとかオバケちゃんのシリーズ。
特にオバケちゃんの「こんばんは、かいじゅうじゃありません。ぼく、オバケちゃんです。ねこによろしく。」という挨拶。
もうたまらんちんデスよ…。

そして寺村輝夫は外せない。
言わずと知れた「ぼくはおうさま」シリーズ、「オムくんトムくん」、「おばけのはなし」を含む寺村輝夫のむかしばなし等も名作!!

外国の絵本でも名作は沢山ある。
エドワード・ゴーリーの作品がオシャレな絵柄で素敵。
大人になっても部屋に置いておきたい作品だ。
てかモーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」も外せない。
なんと「かいじゅうたちのいるところ」は2010年には実写で映画化するらしい!!
もう絶対見に行くぞこのヤロー!!!

映画と言えばロアルド・ダールの作品も素晴らしい。
まぁ絵本ってか児童文学だけど…。
「チャーリーとチョコレート工場」や「ジャイアントピーチ」の原作、「チャーリーとチョコレート工場の秘密」や「おばけ桃の冒険」がある。

まぁぶっちゃけ大人になってからも絵本だの児童文学だの余りに沢山読み過ぎてて殆ど覚えてないンだよね…。(苦笑)
  1. 2009/11/07(土) 00:47:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/963-61f708a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。