HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プチストーカーの話

あるところに二人の男性がいた。
仮にA君とB君としよう。
因みにA君とB君は面識はないが両方をオレは知ってた。
そのA君が以前、プチストーカー被害にあった。
仕事中にしょっちゅうある女性が訪ねてきたり、やたら電話やメールが来たりして、A君はカナリ精神的に参っていた。
まぁまわりの人には笑い話だっただろうけど、本人にして見りゃガチのストーカーと何の差もない事で、さぞ怖かっただろうと思う。

で、その後B君がよりによって同じ女性に同じ目に遭わされた。
てかこの同じ女性ってのも実はオレの知り合いでした。
彼女を仮にSさんとしよう。
このSさん…お世辞にも綺麗じゃない。
てか失礼な表現になるが外見は標準以下だった。
二人の男性を恐怖のどん底にたたき落とすだけあって、まぁ中身も問題アリだったワケだが…。
A君はB君を知らなかったが、他にターゲットが移行したことを知って胸をなで下ろしていた。
まぁその後もなんだかんだSさんはA君にも近づいてきてA君はビビりまくってたケド…。
このA君とB君、両方ともSさんと飲みに行って、その後酔っぱらったSさんを介抱し、家に送って行った結果、Sさんによるプチストーカーが始まった様だ。

こないだB君の知り合いの女性とチョットそのことが話題に上った。
その女性をMさんとしよう。
Mさんは「家まで送ってあげるってB君優しいよねぇ…」などと言ってたんですが、「一緒にお酒飲んで女の子を家まで送るのって普通じゃない?てか必ず誰かしらが送ってくれるでしょ?」って返したら「あぁ…まぁ…」みたいな反応だった。
少なくともSさんも女性なワケだし、夜遅く人通りの少ない時間って事もあるし、引ったくりだの通り魔だのの被害に遭わないとも限らないワケで、見た目アレだとか関係無いでしょ…。
結局、Sさんは残念な事に普通の事を普通にされ慣れてないから無駄に惚れっぽくてまわりに迷惑かけるンでしょうみたいな当たり前の話で終わった。

チョット気になるのはMさんのは「あぁ…まぁ…」という返事。
「そう言われればそうか」という意味なのか「いや心当たり無いンだけど…」という意味なのかイマイチ判断に苦しんだ。
Mさんはキレイな人なので当然というか寧ろいつも誰かが率先して家まで送ってくれるでしょ?というつもりで「一緒にお酒飲んで女の子を家まで送るのって普通じゃない?てか必ず誰か送ってくれるでしょ?」と言ったんですがもしかして話かみ合って無かったかね…。
確かにキレイな人に「家まで送って行くよ」とか言おうモノなら変に警戒されそうな気がするしかえって気を遣って送っていけない気もする…。
「え、家までついてくるの!?」みたいな反応されたらマジで凹むしねぇ…。
てかそれこそプチストーカーとか思われたくないしね…。(苦笑)
まぁそう考えると彼女のまわりの男性はミンナ警戒されたくないからという理由で家まで送ってくれないという事も考えられる。
何かもしかしたらキレイな人にもそういう悩みがあるのかも…と思った。

てかオレも一時期プチストーカー連鎖被害事件と言えなくもない目に遭った事があったので、当時A君とB君の事は他人事には思えなかったンだよねぇ…。
てかよく考えたらオレもA君やB君と同じく飲み会の後当たり前のように家まで女の子を家まで送って行って見事に同じ目に遭ってたなぁ…。
当然のようにそうしてたケドアレは良くないのかもねぇ…。
その年の初詣で引いたおみくじで女難の相とか出てて、モテたことのないオレは大喜びしてたケド、後々ホント後悔した。
そもそも普通にモテる時に女難の相とか出ないよな確かに…。(苦笑)
でも一緒に飲みに行った子がその直後に通り魔だの引ったくりに遭ったらソレこそ寝付き悪いしねぇ…。
寧ろ男として当たり前の行為を優しいとか思われても困るし、その反面ヤラシイとも思われても困るよなぁ…。
そこんとこよろしく…。
  1. 2009/10/27(火) 21:20:22|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/948-80bedcf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。