HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナナシ ノ ゲエム クリア後の感想

うーん…微妙だなぁ…。
まぁ思ってたよりは楽しめたケド、やるべき事が良く分からない不親切なゲームでした。
あと、このゲームは現実パートとゲームパートに別れていて、その相似性に鍵があるというのがウリだったりするわけですが、いかんせん現実パートがゲームパート以上に操作感が悪く、悪い意味でゲーム的なのでソコは戴けなかったね。
現実に後ろから何かに追いかけられている最中に、視界に入ってる机に引っかかって前に進めないとか、跨げそうな柵が邪魔で動けないとか、飛び越えられそうな穴を無視してドア開けて移動するとか…どれもアリエナイからねぇ…。
あぁいうリアリティの無さが「あぁ俺がやってるのはゲームなんだ」と我に返らせてしまうので非常に萎える。

あと通常にクリアするとミエナイモードというのが出てくるンだけど…フツーはソレがメインジャネ?
でも、至近距離になるまでミエナイというのはチョット違う気がするかも…。
例えば足跡とか足だけしかミエナイとか…色々表現方法はあると思うんだよね…。
ソレじゃクリアしづらいって人のために救済措置としてルグレが丸見えなイージーモードがあるならホラーゲームとして理にかなってるんだけど…やるべきことが完全に逆なんだよな…。
通常のモードではルグレがあからさまなデザインな所為で全然怖くないし、ミエナイモードでは避けて通るべきルグレがミエナイので全力疾走でルグレに激突してゲエムオーバー食らって理不尽に感じるダケだし…1回クリアしてるからルグレを避けるのが完全に作業と化してしまうからホラーとして成立しにくくなるし、このゲーム作った人は今一歩想像力に欠けてる気がするなぁ…。

あと…テンポね。
テンポが良く進むべき場所がテンポ悪く詰まって、間があって初めて恐怖を誘うような場面で妙にテンポが良かったりして全然怖くなかったりした。
ソコはちげぇだろ!!とか思いながらプレイしてた所為でホラーゲームをプレイしてる感じではなかったなぁ…。

つー事で何だか悉く今一歩感が漂いまくってるゲームでした。
結局、悪い意味でバイオハザード的な似非ホラーだったし…何か微妙…としか評価出来ないんだよね。
つーか結論!!ホラーの何たるかが分かってないバイオハザードはクソゲーだ!!
そしてソレを摸したゲームは当然駄作への道を辿る!!
そんな感じ…。
でもバイオハザードに比べたらそれなりに面白かったからまぁいいや。
  1. 2008/07/19(土) 16:47:47|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/630-6a4bb70c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。