HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナショナルトレジャー

「パイレーツオブカリビアン」のジェリー・ブラッカイマー制作って事だそうですがイマイチ前作には及ばずといった感の否めない出来でした。
魔法とか…何でもアリな前作と比べある程度リアルさの要求される現代劇のトレジャーハンターが題材なんだけど…そういうのが出来るタイプじゃないのかもね。

おおざっぱに言えば合衆国独立宣言書に秘められた謎を解き明かしていく…というような内容なんですが、独立宣言書を含めどれくらい先まで残るのかも曖昧なモノばかりにヒントが込められていて、後世に遺産を残そうとしている人間の考えとしては危う過ぎなんだよね。
独立宣言書は戦争でも起きたら一瞬で灰になっちゃうワケだし、建築物だって簡単に壊れてしまうのは目に見えてる。
石斧で戦争してる時代の人間じゃあるまいし、大砲が発明されてる時代の人間が残す手がかりとしては余りにも動機付けが弱すぎ。
戦争なんて無くても改修だの修繕だの改築だの移築だのと呼ばれる行為で簡単にヒントが台無しになる可能性があるもんね。
ヒント残した人間はずいぶんと手の込んだ隠し方をしているのでそう簡単に見つけて欲しくないとは思ってただろうケド、見つけてもらえなくなるのは本意では無いわけじゃん?
アメリカの映画…というかハリウッド映画ではわかりやすく作らないと受けない為に極々一般的に知られているアイテムを使わないといけないとか…そういう縛りがあるかも知れないから何とも言えないけどね。
でももう少し練り込んだ方が良かったんじゃないかね。
映像的に金かけないと駄目とかそう言うんじゃないんだしどうにかなりそうなモンだけど…。
まぁ映像的にもイマイチ中途半端だった。
デカイ画面で見ないと面白くない…っていうハリウッド映画にありがちな感じ。
ぶっちゃけ派手なだけで面白みに欠ける映画だよね。
ツマラナイとまでは言わないけどさ。
トレジャーハンターとか好きなのでちょっと期待していたダケに今ひとつヘボくてガッカリしました…。
多分もっと作り込んでいれば面白い映画になっただろう。
  1. 2005/04/02(土) 05:52:53|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/62-58bb63ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。