HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

何で任天堂は未だにDS作ってるんだろうね…。

こないだ家電量販店でDS Liteを買いそびれたってな事を書きましたが、実は他の日にDSの緊急入荷にも居合わせた。
買わなかったケド…。
っていうかDSなんかタダでもらえても嬉しくない。
しばらく売り場で緊急入荷後のレジを眺めていたんだけど…何か人がまばら。
当然レジに並んでいるのはDSを買う客ダケじゃないのでDS購入客は更に少ないハズである。
こないだDS liteの緊急入荷の時は結構スグに人が集まってきたけどDSだとこのざまか…等と思った。
それでも買っていく客を見ているとやっぱり子供連れの親が多い。
つーかあの親も子供用に買ったDSで今流行のトレーニングソフトに興じるんだろうな。
で、流石に子供のおもちゃを取り上げるわけにも行かないので自分用にDS Liteを買うんだ。(笑
まぁ景気が良くなったとか嘘っぱちなので子供にはDSで十分だよね。
友人宅ではDS Liteが家にあることすら子供には内緒らしいし…。(苦笑

まぁそんな光景を見ているとDSなんかとっとと生産中止にして、その工場でもDS Lite作った方が任天堂も儲かるし Liteの入手も容易になるし良いんじゃないか?とも思う。
でも値段の事考えると子供に買い与えるのにはDSで十分なんだしお父さんお母さんのお財布事情を考えるとそうも行かなそう。
まぁどっちが良いのか俺にはよく分からない。
同じ商品を大量生産することでコスト削減できてDSと同じ価格でDS Liteが販売出来れば良いんだろうけど、コスト削減した上でのあの価格差かもしれないしね。
DSのユーザーの中にはDSの発表時に何故DS Liteのクオリティで出せなかったのか?ってな意見もあると思う。
多少高くても最初からDS Liteが欲しかったとかDS Liteが出てから買えば良かったとか思ってる人間は確実に居る。
まぁDSのあのデザインじゃ大人は買う気起きないもんね…。
画面の明るさやら本体の大きさや重さがDSのままでも最初からDS Liteのデザインだったら俺も買ってたと思う。

少子高齢化社会で子供相手に商売してどうすんの?
ジジババが際限なく孫におもちゃを買い与えるにしても一人の孫に同じ商品を二個は売れない事ぐらい馬鹿でも分かりそうなモンだ。
ベビーブーム世代と高齢者をターゲットにしなきゃ市場が狭くなるのも当たり前だ。
ソコは完全に任天堂のミスだね。
いくら魅力的なソフトがあっても大人が持って恥ずかしくならないハードじゃなきゃ。

あとゲームボーイミクロね。
アレって任天堂は競合商品じゃないと言い張ってるけど…完全にポータブルゲーム機というカテゴリで競合してる。
「ミクロはゲームボーイの発展系で、DSは全く新しい商品だから競合しない。」とか苦しい言い訳してるのはいただけない。
ホントに競合商品じゃないなら発売時期はともかくDS Liteとミクロを同時に発表出来るハズ。
ソレをしなかったのは競合商品だからでしょう?
まぁDS Liteじゃゲームボーイのソフトは動かないケド今時何処に行ってもアドバンスのソフトしか売ってない。
DS LiteがDSのソフトしか動かなくて多少安ければ競合商品じゃないという言い分も分かるケド今時アドバンスじゃないゲームボーイのソフトって売ってないしね…。
競合商品じゃないなら新型DSの噂が出た時も否定する必要性無かったハズ。
ミクロを買ってもらった子供がその直後にDS Lite買ってもらえるか?
「こないだ同じ様なの買ってあげたでしょ!!」って言われておしまいだよね。

だいたい競合商品かどうかは消費者が決めることで作り手が決める事じゃないよね。
日本人って言い訳しちゃイケナイとかさんざん教育されてきたハズなんだけど…力があれば言い訳は許されるのかね?
何か世の中間違ってるなぁと思うワケです。
まぁDS Liteもミクロも良い商品だとは思うけどね…。
  1. 2006/05/21(日) 14:22:23|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/261-be3d34c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。