HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日の失敗…。

今日は帰りに森博嗣のS&Mシリーズ「有限と微少のパン」が読みたいなぁと思って本屋に寄ってみた。
で、一度は手に取ってみたんだけど…単行本なのに千円以上するんだよね。
まぁ分厚くて読み応えがあるんで、それくらいなら良いかな…とは思ったんだけどコレ以外にも何かあるかなぁ…と色々見て回ることにしてスグに本棚に戻した。

まずS&Mシリーズの最終巻である「有限と微少のパン」を読み終えたら手を付けようと思っていたVシリーズを探しに新書コーナーへ行ってみた。
ところが無いんだよね…Vシリーズの一作目が…。
仕方ないので諦めて他のモンを探すことにした。
つーか後になって気付いたけど単行本で既に出てるんだよねコレ…。
失敗…。

次にポプラ社の江戸川乱歩の少年探偵シリーズ復刻版が出た当時金が無くて買えなかったのを思い出したので児童文学のコーナーに行ってみた。
だが…コレも無かった。
結構前だったし…全巻セットともなると流石に売り場スペースを長期間確保出来ないだろうからそもそも入荷した数が少なかったんだろう。
復刻版はリライタさんの作品を除いた乱歩が書いた作品しか出てないし…差別用語とか全部書き直されてしまっていて作品が記された時期や舞台背景などを台無しにされているのでそもそも余り感心できないシロモノだったのでまたの機会に旧作を探すことにして諦めた。
ホントは旧作の全巻セットが欲しいんだよね…何で旧作全巻セットで出さないんだろ?
差別用語とか時代背景を伺う意味でも重要なんだから直すこと自体が間違ってるんだよな。
キチンとした差別に対する教育を考えるならソレこそ包み隠さず教えるべきなのに…そーゆー事を分からずに差別だ何だと騒ぎ立てる事もまた差別そのものだという事実が分かってない人が多すぎなんだよな…。
つーか全巻セットなんて店頭で購入出来たとしてもどうやって持って帰るつもりだったんだ…馬鹿か?俺は。

児童文学のコーナーではハリポタの5巻も売ってたケド…正直児童文学たかが一作に4000円も出す気はない。
児童文学は子供がお小遣いを貯めれば自分で買える値段であってこそ初めて児童文学だ!と常日頃から思ってるので却下にした。
こういう無闇に豪華な装丁で無駄に高価にされた本を出す様な出版社の本は古本屋で買われる事になっても文句は言えないよな。
隣にハードカバーじゃない単行本版のハリポタがあったので値段見たらコッチはハードカバーの半額なんだよね。
なんで最初から単行本で出さずに一々持ち運びにくくて値段の高いハードカバーで出すんだろう。
どうも単行本版は2年遅れくらいのペースで出てる様なんだけど…最初からハードカバーと単行本版両方出せば良いじゃん!と言いたいね。
ハードカバーで十分な儲けが出たから単行本が安くなるんだとしても少なくとも装丁の分少しでも安く作れれば消費者が購入しやすくなる値段程度まで値段が下げられる筈だし、そうすれば第5巻の出荷数が必要以上に減ることもなかっただろうに…。
まぁオイラはハードカバーが嫌いだけど好きだという人も居るので選択肢はあっても良いと思うが…消費者の都合を無視した無駄な装丁で商品が高額になっては消費者離れで結局は自分のクビを締めかねないのに馬鹿だね…。
事実、ハリポタの第5巻は新古本が大量に出回った様だ。
不景気な…つーか貧富の格差が広がりつつある日本で4000円の児童文学なんかそうそう売れるモンじゃないっつーの。
結局、古本が出回るまで待つ人が増えて販売数も利益もガタ落ちなんだから目も当てられない。

次に漫画のコーナーに寄ってみた。
なんか知らないうちに近藤和久版機動戦士ガンダムの12巻(最終巻)が出てた。
つーか12巻は持ってないの分かってるから良いんだけど…その前の11巻を買ったかどうかが分からない。
でも最近の本屋って漫画にカバーが付いてて中身が分からないんだよね…。
購入して良いモンかどうか分からないので家に帰って調べないと駄目だわ…つって何も買わずに帰って来てしまった。
…がしかし!!?
友人Y氏に全巻貸し出し中で何処まで買ったかサッパリワカンネーの!!
失敗…。
つーかY氏に訊こうにも俺の記憶が正しければY氏も実家に置きっぱなしでワカンネー筈なんだよコレが…。
うーんこの時間じゃ本屋もやってねぇし…眠れないのに読むモンがねぇッス。
超失敗…。
  1. 2005/11/29(火) 23:16:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/194-0a9353cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。