HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2046

木村拓哉が出てることで話題の2046を見た。
正直、木村拓哉には別段用は無いんだがウォン・カーワイが日本人をどう使うのかには興味があった。
金城武も日本人っちゃぁ日本人だけどはハーフだし向こう育ちだからね…。

主人公はトニー・レオン演ずる新聞記者(小説家)。
なんかみてて腹立つ役でした。

木村拓哉は「中国人女性と恋をする日本人サラリーマン」と「主人公が書いている小説中の人物(アンドロイドに恋をする人)」なんだが…ドッチもほぼ日本語の台詞のみだった。
少々拍子抜けした。
せめて1カットでも中国語のみで喋るシーンがあっても良さそうなモンだが…。
海外での試写会や先行上映ではヤツは誰だ!?見たいな噂になったらしいけど、ラストサムライの渡辺謙の様に海外で即戦力になる俳優とは行かなさそうだ。

フェイ・ウォンはホント歳をとらない…。
彼女って特に美人ってワケでもない気がするんだけど可愛らしく見えるのは演技の所為なのかね。
なんか恋する惑星の時とダブって見えました。

チャン・ツィイーは綺麗だった。
他の人は良く知らない。

なんていうかとても怠い映画でした。
2時間ちょいの映画なんだけど…マジで疲れた。
なんていうかヤマが一切無いのでひたすらダラダラと話が続いて行く感じ。
好きか?と聞かれれば好きだけど面白いか?と聞かれると返答に困る映画でした。
  1. 2004/12/15(水) 19:49:02|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/16-ced7b432
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。