FC2ブログ

HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

死ぬかと思った…

今日は増水した川で溺れ死にしそうになりました…。
イヤ…ホントに死ぬかと思った。
「あぁ…こりゃ死んだな…。」と思ったのは人生の中でもコレで三度目。
一度目は小学校の頃、雲底の上から落ちた時…頭から落ちて頭部を打って意識がかすれ行くのを感じながら。
5分ぐらい気絶してたダケで済んだケド…。
二度目は右折中の友人の車の助手席で突進してくる対向車を眺めながら。
このときは車は一回転するし助手席が半分以下に潰れてたのに良く生きてたと思う。
で今回…。

前日から殆ど寝ていなかった状態で河原にバーベキューに行ったんですが…。
空腹で死にそうな状態でイキナリ酒を飲んでしまった。
タダでさえ酒に弱いので頭はクラクラ足下フラフラ。
酔いを覚まそうと川の浅瀬に入っていったら深さは無いのに勢いが激しい。
おまけに苔で足下がおぼつかない。
睡眠不足と泥酔で足下おぼつかないのに外野には「何タラタラしてんの?」とかやじられるし…。
膝までしか深さが無いところで流れに足をとられて転倒したら…そのまま流されて激流の中。

気がついたら足が全く着かない深みにハマってた。
何処か流れの弱そうなトコロへ逃げようとまわりを見回したらミンナ平気な顔して笑ってるのね…。
あぁ…笑ってるって事は流れが他よりキツイ場所にハマってる事に気づいてないな…とか思ってたらでっかい岩がスグそこに迫ってきていて「コレに頭打ったら確実に死ぬな。」と思った。
取りあえず全力で岩へ向かう流れから逃れようと必死に水をかいたら真横を大岩がすり抜けていった。
アレはマジで死ぬかと思った。

ソコを抜けた瞬間、今度は波ミタイのが押し寄せて来た。
多分流れに逆らって泳いでいたので自分の体で流れをせき止めるかたちになった所為だろう。
「頭から波にのまれてメガネ流されたら何も見えなくなる=岸の方角が分からなくなって流れにハマって死ぬ。」と思ってとっさにメガネ押さえようとしたんだけど一気に視界が無くなった。

見事メガネを流されて自分が何処にいるのか分からなくなった。
目が見えない恐ろしさが分かってない人ってのは怖いね…。
「コッチコッチ」とか言ってるんだけど見えてネェのよ俺には…つーか声笑ってるし…。
一瞬足がつく場所があったのでソコで無理矢理下流への流れから逃れたケドあそこで踏ん張らなかったら確実に死んでたね。
踏ん張った所為で右足怪我したケド、その程度の怪我で済んで良かった様な…笑ってる外野を見ていっそくたばってこいつら笑えなくしてやれば良かったかな?とか色々考えさせられた。
つーかね…助かった後、脳みそのクロック上げてどうすれば助かるか?とか考えすぎた所為で精神的に疲れてるし、睡魔は酷いし泥酔で吐きそうだしで動けないのね。

でも落ち着いた後の目が見えない事の恐怖の方が酷かったね。
何も見えないってのは恐ろしいよマジで。
「何も見えないからメガネ屋行きたいから連れて行ってくれ。」と頼んだんだけど他の仲間が来るからと無視されるし…。
来たら来たで盛り上がっちゃって話流されちゃうし…。
人の話を一切聞いてなかったのか「これからお茶でもどう?」とか言い始めるし…。
正直耳を疑ったわ。
「俺はメガネ作りに電車で帰るよ。」と断ったら解散って事になっちゃったんだけど…結局メガネ屋には間に合わなかった。

つーか帰路がスゲー怖いの。
昼間ならまだ色が分かるから目が殆ど見えなくてもなんとかなるケド、夜は何も見えないの。
歩き慣れた街でも距離感も色も無くなるともうサッパリ。
方角だけは分かるからまだマシだったけど…。
駅から歩いて帰ったら何時間かかるんだ?ミタイナ速度でしか歩けないし、信号の無い横断歩道なんて怖くて渡れないし、メガネ屋のある駅で降りたのでバスに乗ろうにもバス停が何処にあるのかまるでわかんないの。
仕方ないから更に電車にのって乗り慣れたバスの出てる最寄り駅まで移動してからバスに乗って帰ったんだけど…目が見えないのはホント洒落にならんわ。
  1. 2005/09/11(日) 16:43:28|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

おおっ携帯でもみれたんだね。
眼鏡早く手に入るといいね。
下のチェックをうっかり入れちまったのよ。コメント初めてだったもので…。
  1. 2005/09/12(月) 00:31:20 |
  2. URL |
  3. いちにん #SFo5/nok
  4. [ 編集]

しばらくメガネはないよ。

おつ!
別に管理人以外が見ても全然かまわんコメントなのに…。

足はあの後内出血が酷くて真っ黒になってたから壊死するんじゃネェか?って不安だったけどマッサージしてから寝て起きたら朝には引いていたから…まぁ多分打撲と突き指だけで大した事は無いと思う。

メガネは作りには行ったけど…閉店ギリギリだったので当日には出来ないし、レンズの業者が休み挟むので少なくとも明後日迄はメガネ無しの生活だよ。
ハードコンタクト持ってるけどハードコンタクトが合わない体質なので数時間しか付けてられない。
何かするときだけ付けてる。
度が弱いけど古いメガネ修理して何とかするしかネェかな…。

まぁあの足の着かない場所であの流れの強さっていう状況下では土左衛門が二人になりかねないから助けてくれなんて死んでも言わないよ。
もう流されてる最中は「わー笑ってる声がするよー完全に人ごとだよー。人巻き込んでも仕方ないから運良く助かればソレで良いかぁ…。じゃぁねー!」てな感じ。

つーか俺が帰るからつって解散したら盛り下がるの目に見えてるんだから早めに駅まで送ってくれりゃ良かったのに…。
  1. 2005/09/11(日) 21:27:40 |
  2. URL |
  3. 高位置 #CP559kOk
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/09/11(日) 18:13:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/151-f96eeb9a