HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

闇のイージス・JESUS・JESUS砂塵航路

「死がふたりを分かつまで」とクロスオーバー展開していると言うことでイージスシリーズとジーザスシリーズに手を出した。
「死がふたりを分かつまで」とクロスオーバーしてるケド、原作者は別。
その点はアメコミ的。
「死がふたりを分かつまで」の原作者はたかしげ宙、イージス・ジーザスシリーズの原作者は七月鏡一で、どちらも皆川亮二作品もやってる。
たかしげ宙は「スプリガン」と「KYO」で七月鏡一は「ARMS」と「D-LIVE」をチョット。

正直、作画の藤原芳秀の漫画は一本も読んだことがなかった。
一世を風靡した「拳児」ですら読んだことがない。
池上遼一のファンだったので弟子である藤原芳秀を劣化版程度に思っていた所為だ。
読んでみたらソレは間違いだったと認識した。
劣化版ではなくて別モンだった。
まぁ池上遼一テイストは脈々と流れているケド…。w

取りあえず既に完結してる「闇のイージス」と「JESUS」は読破した。
「暁のイージス」はまだ入手できてないので読めず…。
どちらも非常に面白かった。
護り屋のイージスの方が根暗で殺し屋のJESUSの方が陽気って印象。
どちらも不幸な過去を持ってるんだけどね…。
てかアレだけ災難に遭ってる時点で現在進行形で不幸だケド…。
少年誌に連載されていたSESUSが明るくて、青年誌に連載されていたイージスが根暗っていう連載誌や読者層による縛りなんだろうけど…。

「JESUS砂塵航路」は2巻まで読んだ。
何か猛烈に絵が下手になってる気がする。
アシのレベルが下がった?
「暁のイージス」はまだ読んでないので分からないけど、「JESUS」や「闇のイージス」では感じられた躍動感がまるで無い。
なんかヘボい小説の挿絵みたい。
静止画丸出しで躍動感がないと同じ作者でもこんなに差が出るかね…。
ストーリーは嫌いじゃないんだケド残念な感じ…。

取りあえず連載中の「JESUS砂塵航路」は普通に書店で揃えられるケド、「暁のイージス」を探すのが結構大変。
昨日、BOOKOFFオンラインで全巻セットを見つけたが、総額が送料無料の金額に満たなかったので、他に買う作品を物色してたら先に誰かにポチられたた…。orz
まぁ他でも見つけたケド、送料込みでBOOKOFFオンラインが一番安かったんだよねぇ…。
大人買い向けのネット古書店だと「新品でもない古本にソコまで金出したくない」って金額ばっか。
何か確実にぼられてる感が漂ってる。

あと、「死がふたりを分かつまで」は「ALCBANE」ともクロスオーバーしてるんだけどコレの入手が一番困難な気がする。
発行部数が多分一番少ない。
しかもHXL(ヒーロークロスライン)というクロスオーバーを軸にした作品な事もあって他の作品の読者が狙ってる確率も高いからなぁ…。
まぁ「死がふたりを分かつまで」とクロスオーバーはしてるケド、他の作品が世界観を共有しているのに対し、「ALCBAMNE」ダケはパラレルワールドとして…なので読まなくてもいい気もするんだけどね…。
  1. 2010/12/12(日) 14:37:10|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakewakame.blog2.fc2.com/tb.php/1394-1971fd6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。