HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゆとり教育

なんか世論調査でゆとり教育を評価しないという返答(65%)が評価するという答え(24%)に対して大幅に上回ったと言うことなんですが、そもそもゆとり教育が良くなかったのか?っていうとそうではないように思う。
ゆとり教育が悪いのではなくゆとり教育の定義がキチンとしていなかったダケだ。
要するにゆとり教育って制度をちゃんと作る能力が無い人間が良くないのであって、制度自体には問題はない。

「学ぶことに対する興味を育てる。手にした知識を元に考える能力を育てる。」という事を重視して「ただ知識を詰め込む。」ダケのゆとりの欠片もない教育を止めましょう!っていうのがゆとり教育だと思っていた。
しかしそうではなくただの今までの教育を縮小したダケのモノだったから失敗したのではないか?
アレはただいたずらに詰め込む知識を減らしただけだ。
ホントはその逆でないといけない。
むしろ分からないことがないように細かい事まで徹底的に教えてあげることがゆとり教育なのではないだろうか?

また、ゆとり教育を評価しない理由について「自ら考える力よりも、基礎的な学力を育てるべきだから」という答えが18%もあった様だけど…この返答をした人間の頭の程度を疑問に思う。
「自ら考える力」と「基本的な学力」は別のモノだと思っている人間が居ること自体に驚愕してしまった。
「自ら考える力」は「基本的な学力」の根幹を支えるモノであるといっても過言じゃないと僕は思っていた。
「自ら考える力」と「基本的な学力」は切っても切れない関係というよりは全く同じモノを別の呼び方しただけというとらえ方が正しいとさえ思う。
考えない人間には知識はあっても学力があった試しはないと思うんだけど…ソレさえ分からない人が未だに沢山居るのかと思うと情けない。
コレまでの詰め込み型の教育がそんな馬鹿な返答しちゃう人間を育ててしまったってことだ。
まさに悪い見本だ。

僕は小さい頃勉強が嫌いだった。
何故か?と訊かれれば…「何故?何で?どうして?」という僕の質問に一切教師は答えることが無く、ただ「こんなのは言ったって分からないんだから…。」とか「公式を覚えろ!」とか「暗記しろ!」の一言で誤魔化され続けたからだ。
人間というモノは理解できないモノを嫌うまたは恐れる性質がある。
言葉の通じない外国の方に出会った時感じるソレと一緒だ。
分からないまま進む授業、そんなにイヤなモノはない。
歴史であれば何故どうしてその時その事件が起きたのかちゃんと教えるべきだと思うし、数学であれば何故その公式で解けるのかキチンと説明するべきなのだ。
知識というのには関連性があるのにソレを断ち切ってしまってはせっかく得た知識の応用が出来ずその後の知識が続かない。
子供達の「分からない!」に分かるまで付き合うゆとりをもつ教育こそがゆとり教育だと思う。
何故?どうして?に答えずに何がゆとり教育だろうか?
結局詰め込む数が減っただけで何処にもゆとりは無いじゃないか?
あんなモノをゆとり教育とのたまった馬鹿にはとっとと消えて貰いたい。
【“ゆとり教育”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2005/03/28(月) 00:46:38|
  2. 感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。