HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

雲のむこう、約束の場所

新海誠監督の新作「雲のむこう、約束の場所」を見ました。
「ほしのこえ」も良かったんですが今作の方が流石に良くできていました。
新海監督の好みなのか郷愁を誘う風景と未知のテクノロジーの混在する世界観は前作を踏襲して居るなぁと感じました。
あの何とも言えない世界観は好きです。
ほしのこえではロボットのデザインがヘボかったりして個人制作の臭いがしましたが、今作は流石にあぁいう抜けたトコは見あたらずプロの仕事って感じです。
前作ではあの抜けた感じと作り込みのすごさが相乗効果を生んで衝撃的でしたが、今作は良い意味であの衝撃はありませんでした。

この作品、とにかく主人公の声が耳についてしょうがなかった。
萩原聖人が声優で参加しているという話を聞いていたので主人公役だと思いこんで見始めたら全然声が違う…。
どう考えても「北の国から」でおなじみの吉岡秀隆の声にしか聞こえない。
突然「○○なワケで…。」とか言い出しそうな声だなぁ…とか思いながら見ていました。
あとあと調べたら本人だったワケですが…。
なんというか…舞台は青森県…つまり北国なワケで…。(苦笑)
北の国には吉岡秀隆がよく似合うのです。
吉岡秀隆には北の国がよく似合うのか…卵と鶏どっちが先か?みたいな話ですが、とにかくハマリ過ぎでした。

関係ないけど長い歴史を持つ「北の国から」の中で「○○なワケで…。」という台詞ってほんの数えるほどしか出てきてないのね。
さんざんモノマネされた所為であのイメージが定着しちゃったのかな…?
っていうかそもそも「北の国から」を見たこと無いんだっけ俺…。

そんな話はともかく話自体も面白いのですが、とにかく雰囲気が良いので見て損は無いです。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/28(月) 02:44:49|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

カンフーハッスル

メディア露出がやたらと多くて余り期待してはいなかったケド、見てしまった。
少林サッカー程のインパクトはなかったケドまぁそれなりに楽しめた。
もっとも…メディア露出がもっと少なくてイキナリ見せられていればもっと楽しめたんだろうが…。
以前から言われ続けている事だがCMやテレビでの紹介でさんざん重要なシーンが放送されてしまっては見る側としては迷惑な話だ。

日本在住のアメリカ人達はエクソシストの完全版のスパイダーウォークがCMで流れた時「日本人は何故あんな重要なシーンを前もって垂れ流されて怒らないんだ?」と驚愕したそうだけど、全く持ってその通りだと思う。
アメリカじゃ同じような事を映画配給会社がやらかすと訴えられ、しかも裁判になったら映画配給会社が負けるっつぅんだからそりゃ驚くだろう。
まぁ消費者の権利がしっかりしてる国とそうでない国の差というのもあるだろうけど、多分見る側の意識の低さってのもあるんじゃないだろうか?

話をカンフーハッスルに戻そう。
この映画、カンフー映画の名を借りたパロディでもあるそうなんだが、正直どこいら辺がパロディなのかまるで分かりません。
元となった映画を俺が見てないダケなのか…見てる人も気づかないようなパロディなのかワカランケド、少なくとも俺はテレビで元ネタの話を聞くまで何の映画のパロディなのかまるで気がつかなかった。
この映画のキャッチコピーじゃないけど、何の映画のパロディなのか伝わらない様なパロディ映画はありえ無いと思う。
っていうかソレはパロディっていうかオマージュっつぅんじゃねぇか?とも思ったんだけど、ソレにしてはそこかしこにソレらしいシーンがちりばめられ過ぎなのです。

周星馳の映画は少林サッカー以外にもこの間深夜に「食神」をやっていたので見たケド、予備知識が無かった分だけ食神の方が楽しめたかも知れない。
周星馳の日本のアニメ好きはあの当時からのモノだった様で、ミスター味っ子かよ!!という様なシーンには笑わせて貰った。
っていうか周星馳って絶対日本人の事馬鹿だと思ってんだろうなぁ…。
周星馳の映画を三作見て思ったんだけど彼の映画は思い切り「ワンパターン」というか…「お約束ありき!」みたいなトコがある様なのでソレが好きで見るのでなければ、何作もみてると先が読めて楽しめないかも知れない。

それなりには楽しめたので面白い部類に入る映画だとは思う。
しかし出来ればメディア露出過多による予備知識の無い状態で見てみたかった。

最近では少なくなってきたケド、80年代を彷彿させる馬鹿映画路線を周到している周星馳には今後も期待しています。
  1. 2005/02/20(日) 04:54:00|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PC新調(制作編その4)

まともにPCが動き始めたのに気を良くした僕は、気になっていたSP2の事を思い返していた。
しばらくすればSP2を適用していないと困る時期が来るんじゃ無かろうか?と不安になったのだ。
この間の接続障害はOSのインストールに失敗していた所為では無いのか?修復インストール後であれば大丈夫かも?と思い、早速SP2を適用してみた。
その瞬間…再び接続障害。
一切ネットに繋がりません…あわててSP2をアンインストール。
しかし…今度は勝手が違った。
SP2をアンインストールしたにもかかわらず状態は改善されなかったのだ。

取りあえずPCが認識されているか確認して貰う為にプロバイダに電話をしてみた。
色々調べた結果、答えは認識している。であった。
つまり、PC上のトラブルということだ。
接続できていた時との構成の差を聞かれたのでSP2適用とファイヤーウォールの導入、SP2のアンインストールの件を伝えた。
SP2がアンインストールされているなら原因はファイヤーウォールではないか?というので解除してみた途端ネットに接続できた。
うーん…常時接続のPCにファイヤーウォールを使うな!!とでも言うのだろうか?
こうなってくるとどうしようもない。
どうにかしてSP2の適用、もしくはファイヤーウォールを導入する必要が出てきた。

まずもう一度ファイヤーウォールを再インストールしてみたが、再びネットに接続できなくなってしまった。
SP2がなにやらレジストリを弄くってしまっていておかしくなったのだろうか?
そうなるとSP2の導入が優先事項になってくる。
そこで友人K氏に電話で相談してみた。
「Windows UpdateでのSP2適用が良くないんじゃないの?」とアドバイスを貰ったのだがそれ以外のSP2導入となるとCD-ROMを発送して貰う事ぐらいしか思いつかなかった。
しかしソレでは常時接続のPCはCD-ROM到着まで長期間危険にさらされることになるので避けたかった。
そこでK氏に何処かの店舗で無料でSP2のCD-ROMを配布していないか聞いてみた。
するとネット上にインストーラー形式のSP2があるはずだと言ってわざわざ探してきてくれた。

しかしwindows Updateの自動インストールの順序が良くないのでは無いか?と不安に思い始めていた僕は、まず言われた場所からSP2をDLしてきてスレイブのドライブに保存した上でOSを再インストールして初期状態に戻してからSP2の適用をしてみることにした。
で、結論から言ってしまうと…コレが大正解だった。
OSを再インストールし、SP2を適用後ドライバをインストールして見たところあっけなくネットに繋がった。
何というか…PCっていうのは良く分からないです。
まぁそんな感じで以下のようなPCが完成したのでした。

OS WindowsXP Home edition OEM版
CPU Athlon64 2800+ soket754
MB MSI K8N Neo Platinum/チップセット nForce3/サウンド オンボード
Memory ノーブランド PC3200 512MB CL3
HDD1 HITACHI 160GB 7200rpm ATA100
HDD2 seagate 80GB 7200rpm ATA100(M氏より寄贈)
光学ドライブ1 BUFFALO DVM-DM16FBS(PLEXTER製OEM)
光学ドライブ2 TEAC CD-W512EB(K氏より寄贈)
ケース KEIAN KN-1000A ホワイト(M氏より寄贈)
電源 TAO-400PNC12L
GPU Geforce4 MX 420 64MB(K氏より寄贈)

チューニング編へ続く…?
  1. 2005/02/18(金) 05:46:56|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PC新調(制作編その3)

ネット接続方法が分かったものの…グラボのドライバが認識されないためにスクロールがガタガタ…。
こんな環境では流石にネットに繋ぐ気にもならず…かといってPCで憂さ晴らしにゲームをしようにもやはりグラボは必須。
思い切り行き詰まった様だ。
友人M氏のサイトの掲示板で状況を説明し、アドバイスを貰うが物理的トラブルじゃ無いか?との答え。
言われるまま組み直して見るがトラブルは解消されず…。

仕方がないので前のPCからのデータやソフトを移植する作業を先に進めてみた。
が…事もあろうかその作業が徒となる。
悪名高きサービスパック2である。
風の噂でSP2適用がネット接続の生涯になる事があるとは聞いていたのだが、ファイヤーウォール無しで常時接続する事の恐ろしさに負けてこやつを適用した瞬間、インターネットに一切接続できなくなってしまった。
コレではトラブルの解決策を検索する事も出来ない。
流石にコレには困り果てた…。
しかし、よくよく考えるとSP2が邪魔ならSP2をアンインストールしてしまえばいいのだ。
駄目元で試してみたら一発で解決。

SP2のファイヤーウォールが当てにならないと分かったので前のPCで使用していたファイヤーウォールを入れることにした。
結局、SP2に苦戦はさせられたもののそれ以外の作業はスグに終わってしまい、未だ役立たずのPCを前に途方に暮れる日が続いた。
ガタガタのスクロールで読みにくい環境の中ネットで検索してみたがグラボのドライバを認識させる解決策は見つからず…「初期不良」の四文字が僕の脳裏をよぎる。

初期不良による新品交換…それだけはさけたかった。
あまりにも不調なので何度も組んだりバラしたりを繰り返していた所為で大切に保管していたレシートが何処かに紛れ込んでしまい見あたらなかったのもあるけど、それ以上に組み上げたPCをわざわざアキバまで持っていく労力がイヤだった。
だって…めちゃくちゃ重いんだもん。
初期不良かどうか調べるためにはどのパーツの所為で起きているトラブルなのか把握するために組んだ状態で持っていくのがベストだとか言われても確実に十数キロあるPCをもって移動する気にはなれません。

そろそろ初期不良交換の可能な期限は近づいていました。
まだやるべき事はあるはずだ!と自分を奮い立たせて再びいろんなトラブルシューティングを検索してみた。
しかしどこにも解決の糸口は見あたらない。
そこで思い返す…。
トラブル発生に気がついた瞬間、まず最初に頭をよぎった解決法をまだ試していなかった。
友人達にアドバイスを貰った時に「最終手段でしょう。」と言われ後回しにしていたOS再インストール。
ホントはクリーンインストールをしてしまいたかったんだが、生憎フロッピーなんかいらねぇ!とたかをくくっていた所為で取りあえず修復インストールすることになった。

CD-ROMを入れて修復インストールを試してみた。
作業後、早速各デバイスのドライバをインストールしていく。
グラボのドライバはすんなり認識された。
…寒い。
人様のアドバイスを素直に聞くのも大切だけど、時には自分の直感を信じることも大切である。
今までの苦労は何だったんだ?等と思いはしたケド、まともに動いてしまえばこっちのモンである!!
しかし!!!本当の完成はまだ少し先になる。

続く…。

  1. 2005/02/14(月) 19:06:53|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PCのスピーカー

最近、PCを新調したのだが…今まで使っていたPCに付属していたヘボスピーカー繋いだら全然音がしないの…。
ヘッドフォンだと普通に聞こえるんだけどスピーカーだとPC側でボリューム最大にしても隣の家のささやき声の方がデカいよっつぅ程度の音しかしないの。
なんかさぁ…眼鏡かけてる俺としてはヘッドフォンだと眼鏡フレームとヘッドフォンに圧迫されて耳が痛むんだよね。
仕方ないから近所のビックカメラに行ってスピーカー買おうと思ったんだけど…やっぱしどうせスピーカー買うならある程度音に納得した上で購入したいじゃない?
で、試聴のコーナーへ行ったんだけど…全然音がしないのよ。
?意味不明。

店員捕まえて「試聴したいんですけど音がしなくて困ってます。」みたいな事を伝えたら…なんと「繋がっていたPCが窃盗にあったため現在試聴が出来ない状況にあります。申し訳ありません。」と言われた。
オイオイ…PC盗まれてるなよ。
ってかPC盗める様なら他のモノも余裕で盗めるだろ?
そんな警備が杜撰ですと公言する様なこと言っちゃっていいのかよ?
というツッコミを入れたい衝動を堪え…それならまぁ仕方がないとその日はあきらめ後日また探しに来ようと思ったのでした。

まぁ其処までは被害者はビックカメラだから良いんだけどさ…。
あれから既に一週間過ぎてるんだけど一向に試聴環境の改善…というか回復というか…まぁそれらが行われているそぶりが全然見えないのよ。
ポータブルCDプレーヤーでも何でも良いから取りあえずは音源を繋いで試聴環境整えりゃ良いと思う訳なんですが…実際どうなの?
試聴がしたいという客が居てその旨が店員に伝えられてから一切の行動が見られないのって問題じゃないっすか?
以前、お客様アンケートなどで何度か質問や苦情などを送ったけど一切連絡ねぇし…お客を馬鹿にしてるのかね?
また苦情言いに乗り込んだろか!!

ヘッドフォンはイヤだし、ちゃんとしたスピーカーを試聴せずに購入する気もないので、仕方ねぇから余所の店で800円程度のヘボスピーカー買って取りあえず急場しのぎをしましたが…どうにかならねぇかなぁあの店舗。
どんどん対応が悪くなってく気がする。
店舗の規模が縮小したのも店員の対応が悪い所為で集客力が無くなってるダケなのかねぇ…。
  1. 2005/02/12(土) 00:55:09|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一日だけの牛丼復活

今日、吉野家で一日だけの牛丼復活となったわけですが…どなたか召し上がった方はいらっしゃるでしょうか?
僕は吉野家の牛丼が特に好きと言うわけでも無かったのですが、吉野家の牛丼がどんな味だったのか気になったのと、出来る限り牛丼にありつける人数を減らす為にも食べに行きました…。
まぁ僕がわざわざ吉野家に赴くまでもなく地元駅前の店舗では既に牛丼が売り切れており、入った瞬間に店から出てくるカップルに出会いました。
トボトボと店から去る姿がとても滑稽でした。
僕はそんなカップルをやり過ごしながら駅から遙か遠く離れた住宅地に佇む吉野家へ…。

なんか凄い行列が出来てて不気味でした。
店内に入るとお持ち帰りの為の行列だった様で、すんなり座れました。
頼んでから牛丼が出てくるまでおよそ30分。
全然ファーストフードじゃないじゃん!!!!
切れて別のモン追加で頼もうかと思ったけど晩飯前のおやつくらいのつもりだったので腹一杯にする訳にもいかず我慢しました。
でね…やっと出てきた牛丼食べて思ったんだけど、凄い不味いのよコレが…。
吉野家の牛丼ってこんなに不味かった?っつぅ不味さ。
アメリカ産にさんざん拘ってたケド、アメリカ産でも以前の味が再現できてないじゃん。
全然駄目です。
話になりません。
こんな程度の味なら一日ダケの牛丼復活なんてしないでいっそ永遠に牛丼止めちゃえば?とつっこみたくなったよ。

つぅかさぁ…ベイカー駐日米大使!!お前馬鹿だろ…。
「日本の消費者が米国産牛肉を求めている事を確認した。」とかほざいたらしいけど…日本の消費者達は吉野家の牛丼だったら豪州産だろうが何だろうが全然構わないと思ってるぞ。
そもそもここまで問題が長引いているのは狂牛病の検査を徹底することでスグにでも輸入再開できたのをコストがかかる事を嫌ってリスクを払わなかったお前らアメリカの所為だろ。
お前既に狂牛病で脳みそスポンジになってるんじゃねぇか?

あと米国産牛肉の輸入解禁を求める署名活動。
アレやってる馬鹿をどーにかしてくれ。
署名集めるなら輸入牛の全頭検査を認めさせる署名活動しろよ。
国が国民守るために規制引くのは当然の行為だっつぅの。
そんなんだから有毒な農薬使った農産物を平然と輸出されるんだよ。
アメリカに嘗められるのはあぁいう活動を何の考えもなしに出来る馬鹿の所為だ。

ソレはともかく僕は当分すき家の牛丼や松屋の牛めしで良いや。
まぁ貧乏人としちゃ米国産牛肉の輸入再開で価格がまた下がってくれると有り難いってのはあるよね。
っていうか…おやつのつもりで牛丼ダケで我慢したのに晩飯が無かったよ。
腹減ったぁっ!!!!
唐揚げ食いたいよぅ!!!!
  1. 2005/02/11(金) 23:17:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PC新調(制作編その2)

なんだかんだと作業は進み、後はドライブ類の配線を繋いでやれば電源入れるダケ。
サクサクッと配線を繋いでケースにモニタや電源を繋ぎスイッチオン!!
ピゴっと音がなる。
で、OSをぶち込む前にBIOSの設定を済ませる。
…イキナリ英語です。
よく分かりません。
でもコレばっかりは人様に聞けるモノでもありません。
仕方なく説明書を熟読するも全く持ってよく分かりません。
説明書になんか日本語BIOSとか書いてあったのでコレは!?と思い変更の作業をしようとしたら別の製品の説明でやがんの…。
紛らわしいから製品ごとに説明書分けてくれ。
っていうかね…「コレばっかりは人に聞けるモノでもありません」とか「仕方なく説明書を熟読」とか書いてますが…ちゃんと説明書読んだんです。
ただ…誤植が多すぎて全然役に立たないんだよこの説明書!!!
誤植が見つかったら修正の折り込みとかしてあるのが普通だと思ってたんだけど…そういうのも全然無いのね。
ホント困ったよ。
日本語版と英語版の説明書を見比べながら作業するの大変なんだぞ!!
しかも日本語版と英語版のどっちが間違ってるのかも分からない時点で説明書としての用をなさないんだよね。
ただ混乱するだけ。
っていうかK氏には大変お世話になりました。
ホントはもっと何回も電話しちゃいました。

まぁ、その話はさておき取りあえずBIOSの設定を適当に済ませてOSのインストールを開始しました。
…その間おそらくやることは無いであろうと仮眠を一時間位をとった。
OSのインストールも終了し、早速初起動!
わーい初めて自作したPCが動いたよ!!
等と喜んでいる場合ではない。
これからドライバなどをインストールしなければならないのだ。
…っていうかここからイキナリ時間の経ち方がとんでもなく遅くなる。
まともにPCが起動するまでなんと一週間以上かかった。
何でそんなにかかったのかよく分かっていない。
でもかかってしまった。

まずマザーボードに付属していたドライバをインストールした。
…がまずここに間違いがあった。
ドライバの数が多すぎてLANのドライバを入れそびれる。
コレに気づくのに一日かかった。
水曜日、やっとグラフィックボードのドライバを入れた。
しかし、疲れてその日はそれでお仕舞い。
木曜日ネットに繋ごうとするが繋がらない。
PC毎に決まっているMACアドレスが必要であること、コレを業者に伝えない限りいつまで経っても繋がることはないと気づくのにさらに一日かかる。
金曜日、業者に連絡する。
…が!!?一日かかるという。
正直意味不明である。
他の業者でも同じようにMACアドレスを確認する事があるそうだが作業は連絡後スグに完了できたそうだ。
なんつぅか…コレは業者がヘボかった。
対応悪すぎである。
土曜日、約束の時間が過ぎたので接続を試みるが一切接続出来ず。
仕方なく接続方法を訊こうと業者に連絡したのだが…作業の方法を一切教えてくれない。
接続されているかどうかを確認する作業だけ教えられて…「こちらではどうしようもありません」とか言い始める始末。
それはサポートセンターでも何でもないじゃん…。
ここからPCとの格闘が始まり、決着が付いたのは月曜日。
接続を手動で設定していたのだが、その中のチェック項目に誤りがあった。
コレって…業者が接続方法を普通に解説してればほんの数分で済んだミスじゃん。
ホント腹が立った。
電話代返せよ馬鹿業者!!!

ここからが本番…。
取りあえずネットに繋がったのでインターネットしてみる。
ん…?画面のスクロールがガタガタする。
画面のプロパティの設定がおかしい。
デバイスドライバを確認したら…グラボは認識されているのだが入れたはずのドライバが認識されていない。
何十回も再インストールしてみたが再起動するとまた元に戻ってしまう始末。
あきらめて他のデバイスのドライバをバージョンアップさせたり、Windows Updateを進める事にした。
ところが!?
Windows Updateでサービスパック2を適用した瞬間、ネットに一切繋がらなくなった。
仕方なくアンインストールしたら繋がるようになったのだが、ファイヤーウォールなしでネットを繋ぎっぱなしにするのも怖いのでフリーのファイヤーウォールを入れてみた。
するとまたしてもネットに繋がらなくなった。
訳わかんねぇっ!!!
っちゅうか既にPC作成開始から丁度一週間が過ぎていた。

つづく…
  1. 2005/02/11(金) 05:02:30|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PC新調(制作編その1)

やっとの事ですべてのパーツを手に入れたが、一万円落としてしまったので少しでも節約しようと御茶ノ水駅まで歩くことにした。
…が、しばらく歩いていてふと気がつく。
ぐるりとあたりを見回してもそこに広がるのは見慣れない風景…ま、まさか!?いい年こいて迷子!?
「御茶ノ水ってどっちだっけ~っ!?」
あの歩きなれた筈の道がサッパリ思い出せない。
なんつぅか…遅くなった所為で暗くなり道を間違えたらしい…。
こんな時こそezナビ!!と携帯のアプリを立ち上げてみるも使い方がサッパリワカラン。
仕方なく今きた道を少し戻ると見覚えのある通りに出た。
何のこたぁない暗くなった所為で景色の様相が変わってただけで、いつも通ってた道のすぐ隣にある小道に誤って迷い込んだダケだった。
あのまま帰ってても御茶ノ水に着いていたのだ。
御茶ノ水駅についた僕は電車を待っていた。
大きな荷物抱えて混雑した電車に乗るのもイヤだったので何本か見送ていると仕事中の友人O氏に出会った。
というかO氏は見送った電車の中。(笑
通勤特快だと思って通勤快速に間違えて乗り込み地元へ…。
途中、O氏の乗った車両に追いついたので、そちらに乗り換えちょっと挨拶。

無事家に着いた僕は空腹に負けてまず飯を食べた。
腹も一杯になったところで新PC制作開始!!
…と行きたいところだったが、旧PCにグラフィックボードやDVD±R、バックアップデータの入ったHDDが組み込みっぱなしだったので、まずは旧PCをバラす事から始めなければならない。
サクサクっと旧PCをバラして必要なパーツをとりあえず眺めてみる。
うーん、素晴らしい眺め。
早速制作に取りかかる。

まずはマザーボードにCPUを取り付ける。
スロットにサクッと挿さるCPU。
次はCPUクーラーの取り付けだ。
しかしここからが問題…僕は人様がPC組み上げる光景を見たことはあっても実際やったことがない。
取りあえず説明書を読んでみるが凄く不安。
下手な取り付け方してCPUがこんがり…なんて事になったら大損害だ。
しかもどこを探してもグリスが見あたらない。
僕の記憶では確かCPUとクーラーの間にグリスを塗っていた。
…CPUクーラーの底に何かへばり付いているのを発見。
しかし怖くて触れない。

へたれモード全開で制作開始からものの5分で友人K氏に電話する。
「あーもしもし、CPUクーラーのグリスが見あたらないんですが…。えっ!?そうなんスカ?はぁ…分かりましたやってみます。」
恥ずかしながら最近のCPUクーラー事情に疎い僕は既にグリスの代わりになるシートが貼られている事を知りませんでした…。
コレで心おきなくCPUクーラーがつけられます。
ガチン!っといい音をたてて挿した後、CPUクーラーの電源をマザーボードへ挿して…お仕舞い?
なんか昔はもっと大変な作業だった筈なんだが…つっても見てたダケだが。
世の中便利になったモンだね。
次はメモリー…コレもサクッと挿してバチンと音がしたらコレでお仕舞い。
そこまで出来たらケースに収める。

ここからまた問題。
ケース電源からマザーボードへコネクタを挿すトコまではよかった。
問題はスイッチ類の配線。
なんか+とか-とかあった気がしたんだけど…どの色がどれよ?みたいな…。
またK氏に電話。
「あーもしもし僕です。ハイ。えぇっ!?そーなんスカ?わかりにくいなぁ…。じゃぁやってみます。」なんでも白と黒が-の配線で、白黒二本の束の時は黒が-だそうで…。
うーん…なんでそんな分かりにくい分け方するんだろ?
良くワカランケド繋いでみようと思ったら…ボード側の+と-の配置を訊くの忘れてました。
あわててもう一回電話。
「度々すみません…。はぁそうですか。見てみます。」
説明書に書いてない時はマザーボード側に直接書いてあるんだそうで。
…ってそこでビックリ。
細かぁっ!!!!?
こんなん気づくか!!ボケぇっ!!!つぅ位小さな字で書いてありました。
しかもケースの陰になって目の悪い僕にはどっちがどっちか良く見えません。
後々考えてみればケースからマザーボード抜けば良かったんだけどその時はそんな頭はありませんでした。
馬鹿だからマグライト咥えてせこせこと挿しましたよ…。
っていうかケースに収める前に繋げば良かったんだよね。

つづく…
  1. 2005/02/04(金) 19:51:48|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PC新調(購入編)

購入を考え始めてから構成に思いを馳せること約一週間で決意に至り、それから更に二日後の1月25日…僕は秋葉原に立っていた。
PC自作には欠かせない価格.comで検索した情報をメモっていたのでソレを頼りに秋葉原の街中を各パーツ最安値の店舗探しのために回ることにした。
実際の店頭での価格も確認しなければいけないのでまずはグルリと一週様子見。
その後、価格.comの最安値情報と実際自分の足で稼いだ情報を元に行動開始である。

まずメモリとHDDを購入しに九十九電機へ。
どちらの商品も価格.comの最安値より若干だが安かった。
多分、保証期間の延長などをオプションとして分けているせいだろうが…しばらく悩みはしたもののそう簡単に初期不良等に当たるモンでもないだろうと思い購入。
次はCPU…コレには参った。
予定していたAthlon64 2800+がかなりの店舗で品切れだった。
その上のCPUはAthlon64 3000+ならどこの店舗でも見つかったのだが…そこまでスペック的に余り欲張りすぎると後が怖い気がして手が出せなかった。
しかも価格.comで検索しておいた店舗が見つけられない。
コレのせいで結構なタイムロスをしてしまい、日が暮れ始めてしまった。
アキバの夜は早い。
少しの予算オーバーは我慢することにして在庫を持っている店舗を急いで探して見つかり次第買ってしまう事にした。
で、結局ソフマップで購入。
予定より1000円近く多目の出費だったが仕方がない。

そこまでで完全に日が暮れてしまった。
残るはマザボとOSだったのだがここへきてマザボを決めかねていた。
スペックと形状の問題をクリアにしていなかった。
スペックはnVIDIA製チップセットnForce3を搭載していることのみしか考えて居なかったし、そこさえクリアしていればATXとMicroATXのどちらでも良い位の気分だったのだが、いざモノを目の前にすると欲が出てくる。
拡張性や価格と相談しながら悩みいろんな店舗を回って見たのだが欲が出てくるとやはり拡張性の高いATXが欲しくなってきた。
しかしATXでnForce3搭載という条件だと予算を5千円近くオーバーしてしまう事も分かった。
しかも他のパーツを既に購入済みの為、一緒に購入するOEM版のOS
の価格も気にしなければならなかった。

さて…ここで問題。
僕は確か多目に予算を持っていった筈であった。
しかし、この時の僕はやたら予算を気にしていた。
何故か?そりゃ…事もあろうか一万円落としちゃったからである!!!!
気付いたのはマザボを買うための残り予算を確認するために財布の中を調べた時であった。
不覚にもあの瞬間はホント泣きそうになった。
中学生の時、スリにあった以来お金の事であんな凹み方をしたのは久しぶりだった。
金額は当時の被害の方がデカかったが…。

しかし凹んでいる時間はもう殆どなかった。
OEM版OSとマザボのセットでの価格を各店舗で訊いて回り、T-ZONEというお店でやっとの事で購入。
欲張ったおかげで5千円も予算オーバーしてしまった。
しかしそれでもスペックと価格から見ればかなりお買い得な方だった。
一万円落としはしたものの早く自作したいという気持ちと、思い出したくないという気持ちと、思い出したからと言ってどうにもならないと言う諦めの気持ちと、腹が減ってもう何も考えたくないという気持ちが胸の中でぐるぐる巡りながら帰宅の途についたのであった。

続く…
  1. 2005/02/04(金) 04:16:08|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

PC新調(決意編)

長年使用してきたPENⅢ700Mhzとの別れの時がやってきた。
とは言っても別に壊れたワケではない…。
全く持って情けない話だが、CD-Rでのバックアップの速度が余りにも遅いので新しくDVD±Rを購入して組み込んだトコロ…なんとスペック不足でまともに動かなかったのだ。
せっかく買ったドライブも動かないし、いい加減長く使い過ぎな気もしていたので…等と屁理屈を捏ねてPCを自作するに至ったのである。
なんつぅか馬鹿だ。
ホントはPCなんか自作しなくてもドライブのスペック下げれば良かったのだ。
しかも、少し待てば友人K氏から旧型ながらも僕のPCよりハイスペックなモノが手に入る予定があったのに…。
とどのつまりは言い訳だったのである。

そんなこんなでPC購入を決意したのだがいざ購入するにしても、そこいらで売っているPCにはまるで興味がわかない。
どんなパーツが使われていてどのような拡張ができるのか全然分からないのが不安だった。
以前メーカー製PCを購入した時にソレで失敗していたので自作に踏み切ることにした。
既にせっかく買ったDVD±RドライブがあったのでドライブがついているPCを買う気が起きなかったっていうのもある。
HDDとケース(電源込み)は以前友人M氏から頂いたモノがあったし、グラボもとりあえずは旧マシンから移植できるし、ドライブも既に購入済みだったのでCPU AthlonXP or Smpron 2400+ 8000円前後、マザボ 格安の8000円前後のモノ 、メモリ PC3200 512MB BULK 8000円程度の三点を購入することにした。

最初、上記の様な格安でPCを組むつもりだったのでこの三点で2万5千円程度の予算を考えていた。
しかし、周りの友人たちのささやきに誘惑され…気がついたらCPU Athlon64 2800+ 14000円、マザボは節約してやっぱり8000円、メモリは変わらず…ってな事に。
そんな風に色々考えていたら旧PCからのデータを移行するためのHDDが必要な事に気がついた。
残念な事に僕には尋常じゃない量のデータをCD-Rで焼くダケのこらえ性はない。
せっかくHDDを買うなら容量に対しての価格というのが気になり、今現在のベストなコストパフォーマンスは160GBのHDDという結果にいたりさらに10000円程の出費予定が加算された。

いったん物欲スイッチがONになってしまうと人間というのは恐ろしいモノである。
それならいっそOSもOEMで買っちゃっても良いじゃん!!等と考え始める。
友人のM氏のカスタマイズされたXPに涎を垂らし続けてきた僕は既にこの時点で考えることをやめていた。
財布の中には最初の予算の三倍近い金額が詰め込まれていた。
なにか緊急の事態に備えて少し多目の金額を用意した…という様な事を自分に言い聞かせていたが、多分あれは嘘だ。
しかしソレが後の悪夢を呼ぶことになる。

続く…
  1. 2005/02/04(金) 04:04:29|
  2. PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。