HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゲンナリしたって言うけどゲンナリって何だ?

徳間書店から出てるリュウコミックスのXENON 199X・Rの八巻を月曜日に買いに行った。
しかし何処にも見あたらない。
取りあえず店員さんに聞いてみたら入ってきてないって言われた…。
まぁ多少入荷が遅れることもあるだろうと思い諦めて帰宅。
延期の可能性もあるので徳間書店のサイトを確認したが延期の文字は見あたらない。
木曜日、再度書店に探しに行くがまた見あたらず…。
同じく徳間書店のゼノンコミックスの発売日に入ってくるかも…と思って金曜日に書店に行ってみたが何処にも無い。
勿論、徳間のサイトに延期の情報は載ってない…。

諦めてネットで注文してやろうと思ったら…発売日が7月になってる…。
なんじゃソリャ!?
テメェ舐めてんのか!!?
いくらCOMICリュウが数ヶ月休刊でたて込んでるって言ったってソレくらい出来るだろ?
何で徳間のサイトに載ってるべき情報が載ってなくて、余所で情報確認しなきゃイケナイんだよ!!
ソレくらいキチンと情報整理せいやボケ!!
徳間クソ過ぎるだろ!!

ってか何か他にも色々調べてたらXENON 199X・Rって何か打ち切りの気配が…。
KANZAKINのtwitterでも何か無職になっちゃったとか書いてあるし…。
休刊の間の休職じゃなくて?
まさか休刊を機にクビ!?
KAZEの時にあれだけ徳間に毒吐いてたのに徳間でまた書いてると思ったらまた打ち切り!!?
舐めんなゴルァ!!!

ホント、ゲンナリだよ…。
ってかゲンナリって何?
スポンサーサイト
  1. 2011/06/18(土) 01:24:34|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うわ、やっちゃった…。

こないだ、正義警官 モンジュの11巻を買おうと本屋に寄ったらスグそばにヨルムンガンドの最新刊が置いてあった。
コレは買わねば!!と思って手に取ったら限定版で3千円近い値段…。
つーか通常版は?と思ったら売り切れてるっぽい。
財布の中身を確認したら3千円しか入って無かった…。
仕方なくその場では諦めて、翌日お金をおろして購入。

で今日、本屋に行ったらヨルムンガンドの最新刊が普通に置いてあった。
通常版の発売日は今日だったっぽい。
あー何かキタネー売り方するよなー最近の出版社は…。
通常版買ってたら他の本が何冊買えたと思ってんのさ!?
そーやって消費者の財布の中身減らして本を買えなくすることが自分の首絞めてるって事に気づけよ。
通常版だろうが限定版だろうが発売日一緒で良いじゃん。
何なの?馬鹿なの?

とか言いつつお金が浮いてたら多分古本屋で使ってるだろうから出版社には余りメリット無いのかもしれんけどね…。
でも完全な新作でも無い限り途中まで古本で買ってから続刊してるトコに手を出すのでやっぱ出版社は自分で自分の首絞めてるか…。
てか2000円浮いてたら砂の薔薇の完全版が買えたよな…。
  1. 2011/02/25(金) 11:43:08|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何か寂しい…。

今月は購入予定の漫画が少ないな…。
まぁ別に出版されてる数が特に少ないってワケでは無いんだろうけど買ってる漫画の新刊は2冊だけっぽい。
こういう何だか寂しい時は漫画専門店でジャケ買いとかする事が多いんだけど…今月は今のところジャケ買いしたい様な本も特に見かけてない。
買わなきゃいけない漫画はあるんだけど絶版っぽいので古本でしか手に入らないし、そうでなくても巻数が結構な数なので古本で揃えないとサイフにキビシイ。
かといって古本屋を巡っても見あたらないんだよねぇ…。
ネットで古本のセット購入しても良いんだろうけど、何かボッタクリな価格設定のトコばっかだし、その中で何処が安いか調べるのも大変。
ネットでもバラで買った方が安いトコが簡単に見つかるンだけど、今度は送料の問題が発生するんだよね。
あと家で受け取らないと駄目だから時間も拘束されるし…。
結局、暇なときに足で探す方が良さそうな感じ…。
アキバに行くついでに神田の古書店街行くのが一番手っ取り早い気もするけど値段的にはどうなんだろう?
今度行ってみるかなぁ…。
  1. 2011/01/15(土) 13:03:00|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

闇のイージス・JESUS・JESUS砂塵航路

「死がふたりを分かつまで」とクロスオーバー展開していると言うことでイージスシリーズとジーザスシリーズに手を出した。
「死がふたりを分かつまで」とクロスオーバーしてるケド、原作者は別。
その点はアメコミ的。
「死がふたりを分かつまで」の原作者はたかしげ宙、イージス・ジーザスシリーズの原作者は七月鏡一で、どちらも皆川亮二作品もやってる。
たかしげ宙は「スプリガン」と「KYO」で七月鏡一は「ARMS」と「D-LIVE」をチョット。

正直、作画の藤原芳秀の漫画は一本も読んだことがなかった。
一世を風靡した「拳児」ですら読んだことがない。
池上遼一のファンだったので弟子である藤原芳秀を劣化版程度に思っていた所為だ。
読んでみたらソレは間違いだったと認識した。
劣化版ではなくて別モンだった。
まぁ池上遼一テイストは脈々と流れているケド…。w
【“闇のイージス・JESUS・JESUS砂塵航路”の続きを読む】
  1. 2010/12/12(日) 14:37:10|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シュメール星人が終わっちゃった…。

先週末、オイラの最近のお気に入りの漫画「シュメール星人」の3巻が発売された。
まぁコレが最終刊だったワケですが非常に面白かったので残念。
無駄に引き延ばしてグダグダになるより面白いまま完結した事を喜んだ方が良いのだろう。
主人公でシュメール星人のシュメールさん(仮名)がどの地球人よりも道徳的で常識人で善人なのに報われないもの悲しさが笑えるけど切なくて好きだったんですが、最後はそれなりにハッピーエンドでホント良かった。
やっぱいい事する人は報われないとね…宇宙人でも。(笑)

この漫画、面白いので読んだこと無い人には是非読んで欲しい。
全3巻という長さは読んだこと無い人に勧めるには丁度良い長さなのかも…。
全巻揃えるのに簡単に揃えられる金額で済むしね。

てかシュメール星人といいミカるンXといい最近のギャグマンガの宇宙人のデザインが素敵。
ウルトラマン的で昭和の香りがする。
  1. 2010/07/19(月) 09:35:44|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドリフターズ

水曜日にドリフターズの一巻を買ってきたんだが、そのままほったらかしで読んでなかったので読んだ。
ドリフターズと云っても『8時だョ!全員集合』とか『もしもシリーズ』でおなじみの『ドリフ大爆笑』とかは関係ないです。
志村けんや加藤茶、ましてや高木ブーや中本工事も出てきません。
平野耕太の漫画『ドリフターズ』です。

相変わらず平野耕太の漫画は面白いです。
何か色んな時代の色んな人が謎の場所に集められて『漂流者』もしくは『漂流物』と『廃棄物』に分かれて戦うという話。
どんな目的でそんなことをさせられるのかは一巻では不明。
志村けんや加藤茶、ましてや高木ブーや中本工事も出てきませんが、島津豊久や那須与一や第六天魔王こと織田信長とか出てきます。
ハンニバルとかジャンヌ・ダルクとか土方歳三とか源九郎判官義経とかアナスタシアとかビリー・ザ・キッドとか…なんか節操なく色んな人が出来ます。
よく知らない人もチラホラ…。
スキピオとか何人もいるのでフルネームで書いてくれないと誰だかワカランし…。
まぁハンニバルと仲悪いんで大スキピオだって分かるワケですが。

何かスゲー待ってた一巻の発売ですがあれだけ待って未だ一巻か…って感じ。
正直、もっと速いペースで刊行して欲しいなぁ…。
明日にでも二巻が出て欲しい。(苦笑)
  1. 2010/07/11(日) 15:33:37|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハガレン完結

ハガレンの連載が終了。
そもそも原作は面白かったが、以前にアニメ化されたバージョンが途中から原作とは別の展開だったのにキチンと面白かった。
なおかつその続編である劇場版が予想を超えて面白かった。
普通、テレビアニメ化されたときに必要以上に面白いと原作がブレたりしてつまらなくなるもんだが、ハガレンは原作が完結までキチンと面白かった。
何処かの誰かさんのように風呂敷を広げられるダケ広げてあとは読者に委ねますみたいな放り投げ方もせず、真面目に丁寧に描かれていて非常に素晴らしい作品だったと思う。
まぁ連載誌が少年誌なので物議を醸したり、問題になるような表現も少なく、そういうのを好む人には物足りない作品かも知れないが…。
まぁこの先も物語を続けられそうな感じだったケド、展開上ソレはもはやハガレンじゃぁないからね。
てか今どき珍しいくらい善意にあふれた作品だったなぁ…。
  1. 2010/06/11(金) 09:37:03|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

並木橋通りアオバ自転車店

前から本屋で見かける度に気になってたンだけど「並木橋通りアオバ自転車店」を借りて読んだ。
「並木橋通りアオバ自転車店」は魔物ハンター妖子の人の漫画。
(むしろ魔物ハンター妖子の方がマイナーだから説明としては不適当な気もするけど…苦笑)
まぁ題名通り自転車の漫画。
つっても自転車レースとかそういうんじゃなくて自転車にまつわる日常の漫画。
車の漫画でいうなら「サーキットの狼」じゃなくて「GT Roman」なポジションの漫画。
非常に面白い。
オイラと同じキャノンデール乗りの登場人物「黒井」も出てくる。
本気で全巻揃えたくなった。
つっても「並木橋通りアオバ自転車店」と続編「アオバ自転車店」合わせると30巻近くあるし、取りあえず古本屋である程度揃えてから新刊買い足していくかなぁ…。
  1. 2010/05/08(土) 20:43:10|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

闇狩り師 キマイラ天龍変

新刊の発売日を眺めてたら「闇狩り師 キマイラ天龍変」の2巻がもうすぐ出るのを見つけた。
まぁソレは良いんだけど…(完)って何?
もう完結しちゃったの!?
伊藤勢の漫画が完結したことにも驚きだ…。
もしかして「荒野に獣慟哭す」が再スタートするのかね?
だったら連載再開を待ち望んでいた身としては有り難い事だけど…。
何か最近書店で「荒野に獣慟哭す」が全巻揃ってるのを見かけたンだけど…もしかしてその所為か?
それとも単に伊藤勢の出身地だから地元贔屓か?
連載再開だったら良いンだけどなぁ…。
  1. 2010/05/03(月) 17:50:24|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

強殖装甲ガイバー27巻

強殖装甲ガイバーの27巻がやっと出た…。
今年は連載開始から25周年だそうで…。
25周年なのに未だに27巻。
しかもメチャクチャ薄い!!
まぁ連載誌の消滅による連載休止は仕方がないにしても、当たり前のような連載休止が多過ぎ。
もういっそキャラデザインと原作だけ結末まで書いてあとは他人に描かせたら?って気持ちになる。
せめてベルセルクぐらいの連載ペースは保って欲しいモンだ。
まぁベルセルクも連載ペース異常に遅いけど…少なくとも薄く無いからね。(苦笑)

内容は…やっとこさリヒャルト・ギュオー(元)総司令が復活!!と久しぶりの巻島の登場…。
まぁそんだけ。
ぶっちゃけ27巻を見逃しても28巻が出たとき違和感無く読めるんじゃネェの?っつぅくらい内容も薄い。
あとアルカンフェル関連の情報が少しあった位…。
あの薄さなら年に2冊は刊行してくれないと何か読んでる方が不安になる。
何だかなぁ…。

そういえばガイバーとは全然関係ないけど平野耕太のドリフターズはいつになったら1巻が出るんだろう?
何か面白そうなんだけど連載誌が売ってるトコすら見たことがない。
  1. 2010/03/25(木) 20:43:02|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

クロスオーバー

DOUBLEの「死がふたりを分かつまで」を読んでるんですが、この作品…気がついたらクロスオーバー作品になってた。
しかも原作者のたかしげ宙の別の作品ダケじゃなくて何故か七月鏡一の作品とのクロスオーバー。
何じゃそりゃ!?みたいな…。
こうなるとソッチも読んでおかないと話が掴めなくなるのでマジで困る。
今現在登場してるのはたかしげ宙のアルクベインと七月鏡一の闇のイージス・暁のイージス・JESUS 砂塵航路の4作品…。
って4つも読まないと駄目なのかよ?
でも買うにしても新品で全巻揃えるのはカナリ億劫なんだよねぇ…。
取りあえず古本屋行かねぇとなぁ…。

てか、たかしげ宙と七月鏡一ってどっちも皆川亮二のマンガの原作者ってイメージなんだよねぇ。
まぁどっちも既に家にあるんで、そこいら辺とクロスオーバーされてる分には問題なかったンだけどなぁ…。
  1. 2010/03/01(月) 00:25:49|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

少年ジャンプ読んで思った事

ワンピース読んでたら火拳のエースが死んだっぽい。
しかし、何か意味不明。
エースってロギア系(自然系)悪魔の実の能力者なワケなんだけど、細かく分類するなら火の能力者でしょ?
火って物質じゃなくて現象だよね?
それに対して同じくロギア系マグマの能力者に殺されるっておかしくないか?
マグマは物質だよね?
熱そのものの火に対して、マグマって熱があって初めて成立するワケじゃん。
てか火は何処まで熱量が上がっても火だけどマグマは燃え尽きるからねぇ…。
同じプラスの熱量を司る能力でも火の方が圧倒的に力関係は上なんだよね。
エースが死ぬのはまぁストーリー上仕方ないのかも知れないが、悪魔の実の力関係を根底から覆しちゃうようなのは今後の展開に問題を残すことになるので駄目でしょ…。
コレで次週ホントにエースが死んでたら悪魔の実は正直何の意味もなさなくなると思うよ。

ナルトが激しくつまらない。
てかいつの間にか暗いダケのマンガになってしまった。
本来嫌われ者の人柱力でありながら、底抜けの明るさで人望を集めていたナルトが主人公だから成立していたマンガだったのに、主人公が悩みっぱなしで暗いだけになったらもうお仕舞いでしょ…。
コメディリリーフだったエロ仙人が死んだ時は、効果的な演出ではあるし、まぁその後キチンとギャグ要素を残した展開が出来れば問題ないかと思ったが、結局そのまま暗いだけの話へ傾倒していったダケで拍子抜け。
シリアスさを強調するためのコメディリリーフ殺しておいてフォロー無しって…どんだけだよ。
ギャグ要素とシリアス要素ってホントにバランスが大事なのに何やってるんだか…。

他に読むものないと思ってたケド、完全に読むトコ無い雑誌になった感じがした。
  1. 2010/02/16(火) 09:25:11|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GT Roman STRADALEの話

以前にもGT roman STRADALEの事を書いたんだが、一つ勘違いしていた事がある。
GT roman STRADALEには雑誌とコミックスの2種類あった様だ。
店頭で見かけて雑誌だとばかり思って買わなかったソレはどうやらコミックス版だったらしい。
同じ題名で雑誌とコミックスって…ユーザーにして見りゃ何じゃそりゃ?である。
雑誌だともう手に入らない号があると言うことで諦めてたらこの仕打ち…。
分かり難い事してんじゃネェよクソ!!
つぅことでコミックスのGT roman STRADALEを探さねば…。
てかコミックス版でも既に入手困難な予感がする…。
  1. 2010/01/30(土) 15:37:56|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海月姫

職場の人に東村アキコの「海月姫」を借りて読んだ。
メチャクチャ面白いコレ。
クラゲオタクのヒロインと女装趣味の美少年がメインのマンガって何だよ…。
「ひまわりっ ~健一レジェンド~」は読んでたんだけどね…流石に少女漫画雑誌に連載中の作品は読んでなかったンだが…。
「ひまわりっ ~健一レジェンド~」も面白いなぁとは思いつつ単行本には手を出してないんだよね。
この人のマンガってキャラクター無茶苦茶だけど面白いよな。
てか今どき珍しいくらいの無茶苦茶さがマンガ然としてるのが好きだ。

で、読み終えた後にスラッシュドットジャパンの記事で漫画大賞2010にノミネートされてるのを知った。
あぁそりゃ面白いワケだよ…。
てか面白いからノミネートされるワケなんだが…。
正直、単行本欲しくなっちゃった。
でも少女漫画のコーナーに身長185cmオーバーのひげ面のオッサンが入っていくのって、結構な勇気が要るんだよねぇ…。(苦笑)
取りあえず買うなら「ひまわりっ ~健一レジェンド~」からか?
  1. 2010/01/20(水) 20:48:41|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Hybrid Insector09

「鉄のラインバレル」の作者が公式サイトナデガタサーカスで公開中の「Hybrid Insector」の9話が公開されてた。
確か9月の末から10月中旬には…って言ってた気がするンですが、結局師走も終わりの頃の公開でした…。
まぁたかが3ヶ月くらい待ちますよ!!
おもしれーし、好きだし。
てか特に金にもならんのに描いてくれてるだけで感謝ですよ。
  1. 2010/01/01(金) 23:03:58|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

のだめカンタービレ 23巻

のだめカンタービレの23巻を読み終えた。
そして読み終えてからグランドフィナーレの文字を見つけて唖然とした。
え?何コレ…もしかしてコレって最終巻だったのか!?
お仕舞いなのか続くのか判断に苦しむ感じの終わり方だったので本気で驚いた。
まぁ終わりっぽいんだケド、どっちかというと第○章完…みたいな感じで新章が始まりそうな雰囲気がプンプンしてる様に感じた。
まぁコレで終わりでも全然おかしくはないんだけどね…。
でももう少し長く続きを読んでいたかった気がします。
日本のアレからのお話とか全然出てこないまま終わるとは思わなかったしね…。
千秋の凱旋公演とかRSの話があるんじゃねぇかとか期待してたんでチョット残念。
  1. 2009/12/21(月) 03:28:15|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GT Roman STRADALEの続き…

よく調べたら結局のトコ隔月発行の雑誌ともコミックとも判断つかないモノらしい…。
西風の旧作と新作の他に小説とかコラムみたいなモノを纏めた本だと言うのだが、まぁ嫌がらせであることには違いないね。
そこらの書店で気軽に手に入らないから存在自体知らんかったし、そのおかげで既に在庫が無くてネットでも購入できないモノもあるミタイ。
ユーザーからしたら甚だ迷惑な話だよ。
全巻揃えようにも在庫を持ってる店を探すダケでも一苦労だし、いざ見つけても別々の店に注文しなきゃいけないのが色々面倒くさそうだし、バラバラに注文したら無駄に送料かさむダケ…なんで買いたいけど買う気失せた…。
何だかなぁ…。
  1. 2009/09/08(火) 14:31:03|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Hybrid Insector 8話

鉄のラインバレルの作者が公式サイト「ナデガタサーカス」で書いてる仮面ライダーをモチーフにしたWEBコミック「Hybrid Insector」の8話がアップされてた。
しかしアップされてから2ヶ月以上気づかなかったとは…。
でも、やっぱり面白いなぁコレ。
7話から結構時間が経ってるけどラインバレルのアニメ化を挟んでめちゃ忙しかっただろうし仕方ないか…。
9話は9月末以降という事だそうです。
てか、そうで無かった場合このペースで連載しててちゃんと完結するのかなぁコレ…。
はやく続きが読みたい。
  1. 2009/09/04(金) 16:01:10|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

強殖装甲ガイバー 26巻

アクセス解析の検索ワードに「強殖装甲ガイバー 最新刊」というのがHITしたので何かと思ったら強殖装甲ガイバーの26巻が出てた。
で、早速購入したのだが…薄い。
凄まじく薄い。
ページも数が少なくて単行本が薄いのもそうだが内容がとんでもなく薄い。
なんかもう「26巻は読まなくても良い!!」と断言できるくらいに薄い。
新しいガイバー、「ガイバーⅡF(フィメール)」ことヴァルキュリアが登場するダケで終わってしまった。
あと十二神将の1人カールレオンが新キャラ、アポルオンに倒された位か…。
獣神将と同じ力を持つアポルオンは降臨者の手先なのか、はたまたソレとは別の誰かなのか…。
まぁ何つぅか謎を幾つか提示したダケで終わっちゃった感じです。
【“強殖装甲ガイバー 26巻”の続きを読む】
  1. 2009/02/26(木) 18:23:24|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「荒野に獣慟哭す」 9巻 伊藤 勢著

マンガ「荒野に獣慟哭す」の9巻を購入した。
やはり伊藤 勢のまんがは面白い。
残念ながら連載誌マガジンZの休刊の為、この先はしばらく読めそうにないが…。
ただ、原作の夢枕 獏の公式Blog酔魚亭を見る限り「再開までしばらくお待ち下さい。」とあるのでこのまま終わるのダケは回避できたのではないかとチョット安心している。
しかし、何処で連載するのかなぁ…。
個人的な予想ではマガジンGREATかアフタヌーンかシリウスのどれかだと思うんだけどね。
まぁ週刊誌での連載だけは無いだろうと思う。
週刊誌で月一連載という手も無くはないンだろうけど…。
てか月刊化したモーニングツーで連載してくれると欠かさず読んでる自分としては有り難いケド他の連載と全然空気違うからマズあり得無いだろうなぁ…。
立川が舞台の「聖☆お兄さん」と立川出身の漫画家伊藤 勢が書く「荒野に獣慟哭す」が並んで連載されてたらソレはソレで面白いと思うンだけど。
早く連載再開先が決まると良いなぁ…。
  1. 2009/02/25(水) 08:23:27|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

聖☆おにいさん 2巻

聖☆おにいさんの2巻を購入。
連載時、読みそびれた話がやっと読めた。
オニ公園のエピソードがツボに入った。
オニ公園って…モロに俺の生活圏内じゃん…。
今まで余りモロに何処だか特定できそうな場面は無かったケドここへ来てオニ公園かよ!?
っていうかほぼ週一オニ公園の目の前通ってますがな…。
やべぇ…今まで以上に無駄にオニ公園に足が向きそうな予感…。
ってかオニ公園でブッダとイエスのコスしてる人とかいないかなぁ…。
そんな人見たら思わず声かけちゃいそう。

因みに「オニ公園」は通称で、正式名称は錦第二公園。
作中に出てくるオニの滑り台や丸太とコアラの揺れるヤツもちゃんとあります。(笑)
  1. 2008/07/23(水) 17:19:00|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エンブリヲ

本屋でジャケ買いしてしまいました。
なんか帯にバイオロジカルホラーの傑作とか謳われてたので手に取ったンですが…コレはホラーなんだろうか?
まぁ芋虫やらなんやらに生理的嫌悪感を覚える人にはホラーなのかも知れないが…そうでない人には特にホラーと銘打つ程のホラーではない気がします。
ってかホラーの一言で片付けちゃイカンだろ…と思った。
ホラーつぅか心の清い虫愛でる少女と正体不明の寄生虫とのコミュニケーションを描いた作品としての要素の方が強いと思う。
異形と少女の話って構図が何だかJ・P・ジュネっぽいンで俺は結構好き。
まぁグロはあるんだけど…どちらかと言えば異形よりも人間の方がグロいです。
グロは見た目ダケできまるもんじゃないしね…。
  1. 2008/05/19(月) 18:40:23|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

わたしはあい

犬神で有名な外園昌也氏のマンガ「わたしはあい」の1巻2巻を先週購入しました。
連載中から買おうと思ってたンだけど何故か書店で見つけられずにいたので今更購入した。
ってか連載終盤を読み損ねた所為で、よりによってオチを知らないんだよね。
で全巻揃えようと思い立ったンだけど…1~2巻を見つけて喜び勇んで買ったあと、いざ3巻を取り寄せようかと思ったら出版社が在庫もって無いのね…。
オチが知りたかったのに3巻ダケ無いとは…。
古本屋回るしかないか…。
【“わたしはあい”の続きを読む】
  1. 2008/05/07(水) 17:15:25|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

またマンガ買っちゃった。

今回購入したのは北道 正幸(著)「プ~ねこ」3巻と皆川 亮二 (著)「ADAMAS」1巻、村枝 賢一(著)「仮面ライダーSPRITS」14巻。
どれも面白かった。
が、まだ今月は何冊か新巻が出版されるらしいんだよね。
今月に入って何冊マンガ買ったんだ俺?
いい加減にしないとヤバイ…。
ってか新作じゃないけど「きょうの猫村さん」が欲しくて仕方がない…。
アレも欲しい!コレも欲しい!!
本屋が怖い今日この頃です。
  1. 2008/04/23(水) 18:16:33|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何故だかマンガが増えていくよ…

何故も何もてめぇで買ってくるからなんだが…。
何かやたらとマンガが増えていく。
とりあえず最近買ったマンガは…ヨルムンガンド1~4巻、ブラックラグーン1~7巻、未来日記1~5巻…って全部大人買いしてるんだからそりゃまぁマンガも増えるわな。(自爆)
他にもTHE 3名様も何冊か買ってしまったし…以前から買ってたマンガの新刊も何冊か買ってしまった…。
【“何故だかマンガが増えていくよ…”の続きを読む】
  1. 2008/04/17(木) 20:15:59|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

XBLADE三巻購入

知らないうちにXBLADEの三巻が出てた。
何だかやっとBLADEとXBLADEの関連性が強くなってきた感じ。
国外の秘密結社なんかも参加してきて話はこれから面白くなっていきそう。
しかもBLADEにも登場した清一ニイチャンが登場!!
ってか正直、XBLADEってBLADEの続編ではあるけど主人公が前作とは別なのでBLADEの主人公のその後を追いかける感じの話を同時進行でやってくれたら嬉しいんだけどね…。
ホントはイダタツヒコ自身に描いて欲しいけどイダタツヒコの絵じゃなくても良いので…。
そこんトコどうでしょう?
ってか三郎や我王はぁ?
他は誰が生き残ったンだっけ…。
  1. 2008/04/03(木) 17:56:11|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トライガンマキシマム

トライガンマキシマムの最新刊が出た。
ってか最終巻か…。
「面白いマンガネェかなぁ」とか言ってるそばから面白いマンガが一本終わってしまった…。
でも面白いマンガが面白いまま完結するってのはソレはソレで結構な事だし…ここは喜ぶべきなのも知れない。
何つぅか…うまいことまとめてくれた作者に感謝したい。
ありがとう。

しかしアレだね…トライガンで3巻、トライガンマキシマムで14巻、合計17巻ってのは良い感じの長さだったかも知れない。
移転先のヤングキング版だとトライガンは2巻までだが…。
ところで…アレだけ今まで必ず載ってた巻末のコメントが最終巻に載ってないのは何でだろう?
単純に最終巻が分厚くて、予算上巻末のコメントを載せる余裕が無かったからか?
それともしみったっれた感じになるのがイヤで載せなかったんかね。
アレ結構好きだったんだが…。

【“トライガンマキシマム”の続きを読む】
  1. 2008/02/28(木) 18:22:33|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

面白いマンガねぇかな…

「皇国の守護者」の作者伊藤 悠の新作が!!
その名も「新線 西部軌道」。
かつての東京を舞台に西部劇!?みたいなマンガ。
メチャ面白いンだけど…コレ読み切り!?
連載じゃネェの!!!?
フザケンナ集英社!!
やっぱ集英社って才能見る目ネェなぁ…。
いや才能は見る目あるのかも知れないが作品を見る目がないというか…世の中の流れを見る目が無いのか…。
【“面白いマンガねぇかな…”の続きを読む】
  1. 2008/02/22(金) 13:15:05|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

聖(セイント)おにいさん

23日に待ちに待った「聖おにいさん」の1巻が発売された。
で、25日に発売日を過ぎている事に気がつき、あわてて書店を何軒か回ったのだがどこも売り切れ…。
28日にもう一度同じ本屋に行ったケドやっぱ売ってなかった…。
何故だ!?そんなメジャー雑誌に載ってるような漫画じゃねぇのに?
俺がわざわざ変な店ばかり回ってたんだろうか?
やっぱ地元が舞台な所為か?
で、今日マニアックな本屋を避けて普通に駅ビルに行ったら売ってた。
でも最後の1冊…。
スゲーぜ!!!流石地元パワー!!
そういえば2月2日のサイン会申し込むの忘れてた。
もう定員集まっちゃったみたいで、手遅れだった…。
グヘェ…。
  1. 2008/01/31(木) 11:23:44|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

強殖装甲ガイバーの新刊

強殖装甲ガイバーの25巻が出てたので購入。
まぁこのマンガは面白いのだが…困ったことに展開が異常に遅い。
尚かつ刊行速度も異常に遅い…。
かつて出版業界にその人ありと云われた大塚英志が唯一投げ出した程の遅筆だっつぅのも頷ける。
っていうかこのマンガ俺が小学生の頃からやってるんだけどね…もう始まってから二十数年経ってるのにまだ25巻…。
一年に一冊出してる計算になるんだけど…実はそんなペースで出てません。
連載誌の消滅で休載時期もあったし…その後は出版されてるケド一冊が異常に薄い!!
コレがキモ。
年一冊でこの薄さは無いだろ!!ミタイナ薄さ。
【“強殖装甲ガイバーの新刊”の続きを読む】
  1. 2008/01/28(月) 18:59:20|
  2. 漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。