HI-POSITION X

日記だったり、時事ネタであったり、感想だったり…。基本的に愚痴、イチャモン、難癖つける方向で…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

モテキ見た。

アンフェアとモテキを見てきたワケだが、先にアンフェア見ておいて正解。
アンフェアを後に見てたら何かモヤモヤしたままイヤな気分で終わるトコだったわ。

つーことでモテキは面白かった。
藤本幸世がウジウジしてて…まるで自分の様で非常に不愉快だが、作品全体としては面白かった。
正直、劇場版なんかじゃなく連ドラでもっと深く掘り下げて描いて欲しかったなぁ…。
まぁ、幸世のウジウジっぷりは長い時間見ていられるほど直視してられないケド…。
長澤まさみ演じる松尾美由紀の話ばっかで他のヒロインの出番少なすぎないか?
他のヒロインの話が薄くて勿体ないです。
仲里依紗演じる愛なんか殆どでてこねぇし…。
真木よう子演じる唐木素子は扱いが全然ヒロインじゃないし…。
麻生久美子演じる枡本留未子は辛うじてヒロインだけど当て馬扱い…悲しい。

つーかリリー・フランキー演じる墨田卓也が外道過ぎて泣きそうです…。
幸世…良くあんな外道と一緒に居て死なないな…。
俺なら間違いなく死んでるわ。w
スポンサーサイト
  1. 2011/10/02(日) 02:58:37|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アンフェア見た。

アンフェア見てきた。
隣の席のヤツが鬱陶しくて散々だった。
そもそも劇場と椅子が狭すぎ。
始まる前はベラベラくっちゃべって五月蠅いし、貧乏揺すりは激しいし、自分の席からはみ出してエルボかましてくるし、あやまらねぇし、やっぱシネマシティは駄目だ…。

ネタバレは避けたいのであんま書かない。
まぁ正直映画館で見るほどではない。
完結なのかどうかも怪しい。
誰がアンフェアかって制作が広げた風呂敷たためない事が一番アンフェアだ…。
そんな感じ…。
【“アンフェア見た。”の続きを読む】
  1. 2011/10/01(土) 23:57:38|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マイティーソー見た

昨日は映画1000円の日だったので映画を見に行ってきた。
見てきたのはマイティ・ソー。
ホントはスーパー8も見たかったけど上映の時間が被ってるし、どっちも一日に一回ダケの上映だったので諦めた。orz
特に良い評判を聞かなかったのであまり期待してなかったケド、まぁアメリカの娯楽アクション映画丸出しで悪くはなかった。
原作やマーヴェルやマーヴェル・ユニバースについて詳しくない人が見てホントに楽しめるのかな?
話は全然原作と関係ないけどどのキャラがどういう人物なのか分からないと困ると思うんだよね。
てか、周りの客が知っていれば絶対笑うべきシーンで笑わないので、俺だけそのシーンで笑ってしまい気まずかった。
あと、浅野忠信が演じる無口な筈のホーガンの台詞の数が他のキャラと大して変わらなかったのは映画の尺の所為とはいえ微妙だったなぁ…。
っていうかここ最近のマーヴェルの映画はアヴェンジャーズの公開に向けてキャラクター紹介してるダケっぽい。
次に公開されるのはキャプテンアメリカだけど、キャプテンアメリカもそんなのだったらイヤだなぁ…。
アヴェンジャーズもアヴェンジャーズ結成までの話をやってくれるなら良いんだけど、イキナリアヴェンジャーズが出てきても困るしね…。

あと、PLANET OF THE APESの新作の予告編が流れてた。
最初、ブレインバレーっぽい感じだったのでブレインバレーがハリウッドで映画化されるのか?と思ったら何やらチョット雰囲気が違ったので「猿の惑星だったりして…。」と思ったらまんまソレだった。
タイトルはPLANET OF THE APES GENESIS。
まぁGENESIS=創世記っていうからには地球が何故猿の惑星になってしまったかを描くミタイです。
ちょっと面白そう。
  1. 2011/08/02(火) 10:11:38|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

劇場版 機動戦士ガンダムOO-A wakening of the Trailblazer-

劇場版 機動戦士ガンダムOO-A wakening of the Trailblazer-を見た。
ガンダムと言えばSTAR WARSを彷彿しますが、なんと00のオチはSTAR TREKでした…。
以下ネタバレだらけ…。
【“劇場版 機動戦士ガンダムOO-A wakening of the Trailblazer-”の続きを読む】
  1. 2010/12/28(火) 20:08:15|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アイアンマン2

アイアンマン2を見てきた。
まぁ面白かったです。
スピーディーな話の展開をする所為かもう少しボリュームがあっても良かったかなぁとは思った。
今回のアイアンマンのヴィラン(敵)はミッキー・ローク演じるウィップラッシュでクリムゾンダイナモなイワン・ヴァンコ。
原作ではウィップラッシュとクリムゾンダイナモは別人なんですが映画ではごちゃ混ぜにしたキャラクターになってます。
アイアンマンの相棒ウォーマシンも登場します。

今作ではアイアンマンスーツがMk-ⅠからMk-Ⅵまで出てきます。
まぁトニーが話の中で着用するのはMk-ⅣからMk-Ⅵまでだけど…。
特にMk-Ⅴが非常に格好良いです。
アタッシュケースが変形してスーツになるシーンは無理があるだろ…とツッコミたくなるケド。(苦笑)

他にも俺の嫌いなサミュエル・L・ジャクソンが扮するニック・フューリーも登場。
今作ではS.H.I.E.L.D.の結成のが話に絡んでくるので結構長く出てきます。
あとスカーレット・ヨハンソン演じる無駄にセクシーな女スパイのブラックウィドウも登場。
エロイです。
当然のようにスタン・リーもカメオ出演。
彼の存在はマーヴェルのどのスーパーヒーローより超人じみてます。(笑)

映画の最後、スタッフロールが始まった途端に劇場を去る人が居ましたがマーヴェルの映画でソレは駄目だろ…と。
お約束のスタッフロール後のシーンを見逃さない様に。
来年公開の映画への布石です。
まぁソッチに興味が無ければ別に見なくても良いんだけど…。
ただソレも見ておいた方がその先の映画に話が繋がるしね…。
【“アイアンマン2”の続きを読む】
  1. 2010/06/14(月) 19:27:22|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

東のエデン 劇場版I The King of Eden

東のエデン 劇場版I The King of Edenを見た。
まぁまだ劇場版Ⅱへ続くこともあり話がよく見えない。
正直な話、面白いとは思うんだがコレを劇場版とした事には不満アリ。
普通にテレビアニメで良いじゃん…ミタイな。
まぁ劇場版で完結という形は別に良いんだが…何も劇場版をⅠとⅡに分ける必要性が見えなかった。
もし、予算とか、収入とかそういった面だけで映画館で上映したのならば、いかがなものかと思う。
劇場版でなければ描けない…映画でなければならない…そんな理由が見あたらなかった。
しかも何か話が中途半端なんだよね。
Ⅰダケで話が機能してない。
ならテレビでスペシャルでやれば良いじゃん…的な。
ⅠとⅡが同時期に公開されていれば別にそれでも構わないと思うんだが、何の話もまとまってない状態で暫くほったらかし…というのはねぇ?
まぁ連続モノのOVAも似たようなモンだから制作サイドはそういう感覚が麻痺してるのかもね…。
てか、だったらOVAで良いじゃん…。
  1. 2010/05/29(土) 18:43:16|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アリス イン ワンダーランド

見てきた。
アリス イン ワンダーランドと銘打っているけど「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」の後日譚。
まぁつまらなくはないが、かといって男が一人ぼっちで…もしくは男だけで見る映画ではなかったかなぁ…。
てか何かメチャクチャ短い気がした。
もっと色々冒険らしい冒険をして貰わんと何か満ち足りない。
グリフォンもハンプティ・ダンプティも出てこないし…。
まぁチェシャ猫が可愛かったから良いけど…。
てかバンダースナッチが強面なクセに可愛かったのにヤラレタ。

不思議の国のアリスの後日譚と言えば「アリス イン ナイトメア」を思い出す。
まぁ原作をベースに作られたゲームに過ぎないケド、アレの方が面白かったかなぁ…。
てかアレもう一度やりたいけど何処に仕舞ったか忘れちゃったなぁ…。
正直、家の中にあるの探すのより中古ソフト探す方が楽そう…。(苦笑)

ところでサラ・ミシェル・ゲラーが主演でアリス イン ナイトメアの映画化って話は何処へ行ったンだ?
バッフィ ザ ヴァンパイアスレイヤーからのサラ・ミシェル・ゲラーファンとしてはコッチの方が気になる。
あとゲーム自体の続編The Return of American McGee's Aliceはいつ出るんだろう?
出すなら今のタイミングな気がするんだけど…。
  1. 2010/04/19(月) 20:33:54|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SIN CITY

今更だけどSIN CITYを見た。
フランク・ミラーのグラフィックノベルを忠実に映画化した作品は300につづき2作目。
まぁ他にもフランク・ミラー原作の映画はあるし、フランク・ミラーが監督した映画もあるんだけどね。
300もそうだったがSIN CITYも映像的に非常に面白い。
ソレだけで見る価値はあると思う。
が、出来れば原作のワンシーンだけでも目を通しておくと楽しみが増すと思う。
300は映像的な驚きがメインだったケド、SIN CITYは話も面白いので300を見てない人はソッチから見る事を薦めます。

今作はオムニバス形式で話の順番が時系列順ではないが、ソレで話が分かりづらい程でもない。
ただ…オムニバスだって事を知らずに見ると、唐突にそのエピソードが終わるので一瞬話が見えなくなるかも…。
アレ?さっきの話は何処行ったの!?的な…。

結構無茶な世界観だし、バイオレンスというか暴力的描写が多めなのでそういうのが駄目な人にはオススメしないが、そもそも漫画が原作なのでその点が気にならないならオススメ。
あとジェシカ・アルバが好きなら是非見て欲しい。
ジェシカが超エロい。
あんま出番無いけど…。
SIN CITY2が決まってるそうなのでソッチでの出番に期待。

因みに三部作の予定って話だけどまぁあくまで予定なので取りあえずSIN CITY2も楽しみ。
  1. 2010/04/03(土) 18:45:13|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シャーロック・ホームズ

何かの映画を見てるときに予告を見て気になってたので、時をかける少女を見に行ったついでに見てきました。
てか前売りチケット買ったら時をかける少女の公開してる劇場でしか使えない特別鑑賞券だった…っていうオチ。
えぇ…ストレートに面白かったです。
この作品、安楽椅子探偵のイメージの強いホームズが派手に暴れ回ります。
種明かしなどもカット割りが魅力的で良くできてます。
ロバート・ダウニー・Jrもジュード・ロウも非常に格好良いです。
誰でも楽しめる娯楽映画ですのでオススメです。
てかあからさまに続編の香りがプンプンする映画でした。
アイアンマン2も今年公開だし、アヴェンジャーズもあるし…ロバート・ダウニー・Jrはホントに大丈夫か?
何か続編がある映画が何本もあると身体が足りない気がします。
  1. 2010/03/15(月) 17:24:21|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

時をかける少女

時をかける少女を見てきた。
カナリ期待して見たんですが、一点を除いて期待を裏切られなかったです。
まぁソコはネタバレになっちゃうんで言及しませんが、大まかに言えば押しつけがましいお涙頂戴が一個余計だった。
中尾君も良い感じだったし、仲里依紗は可愛いかったし…ほぼ文句なし。
ホントアレさえなければ100点あげても良かったンだけどなぁ…。

パンフ読んで知ったんだけど、時をかける少女って結構な数リメイクされてるのね…。
原田知世主演の映画版と南野陽子主演のTVドラマ版の記憶はあるんだけどその他にも何本かあったみたい。
あと最近のアニメ版も見たか…。
何かNHK版とか内田有紀版とかモー娘。版とかあったそうで…。
未見のではNHK版はチョット見てみたいけどあとはどうでも良いや。
てか原田知世主演のと南野陽子主演のはもう一度見たい気がする。
南野陽子主演のはテレビの単発モノだから無理っぽいケド、レンタルで原田知世主演の時をかける少女借りてきて見直そうかなぁ…。
  1. 2010/03/15(月) 17:07:26|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天使と悪魔

天使と悪魔を借りて来て見たんだが、まぁそれなりに面白かった。
ただねぇ…犯人を追い詰めるのが何故か毎度崖っぷちというお約束でおなじみの二時間モノのサスペンスドラマか?っつぅくらい犯人があからさまなキャストは頂けないなぁと思った。
せめてもっと知名度の高い脇役を据えないと動機云々を抜きにすれば犯人が丸わかりだよね。
まぁ、演出や動機云々等別のトコで魅せるから犯人なんて別にどうでも良いんだよってスタンスなのかも知れないけど…。
  1. 2010/03/11(木) 04:25:23|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サマーウォーズ

まわりの人達がみんなしてメチャ面白いと絶賛するので映画館で見ようと思ってたンですが、見事に見そびれたので今更ですが見てみました。
散々まわりに煽られたので期待値が異常に跳ね上がってたんですが…確かにコリャ面白いわ。
ソリャ絶賛もするわな。
どんだけ面白いか見せて貰おうじゃネェの!!ってな感じで完全に構えて見たにもかかわらず、期待を超える面白さでした。
でもコレ…劇場で見なくて正解かも…。
多分涙で画面がよく見えないわ、いいオッサンがアニメで涙する姿さらすハメになるわでろくな事にならんかったと思う。
てか真冬にサマーウォーズって…どないやねん!?
  1. 2010/03/09(火) 10:06:30|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

THIS IS IT

こないだ買ったTHIS IS ITのDVDを見た。
正直な話、何だかガッカリな映画だった。
特に悪い意味ではなく…。
THIS IS ITはあくまでリハの記録映画なんだよね。
コレはコレでMJの今まで見られなかった姿が見られる貴重な資料ではあるわけですが、このリハの後に控えていた本物のステージが見られることがもう永遠に無いという事実が残念だという思いの方が勝ってしまう感じでした。
あと公開される予定だったリメイク版スリラーは結局完成しなかったのかね?
俺はてっきりまるまる映画で見られるモノだとばかり思っていたのでソレもガッカリした要因。

MJと言えばKING OF POP等と言われているけど、曲だけでなくダンスやステージも含めて、寧ろエンターテインメントの第一線を行く偉大なるスターだったワケで、記録映画はエンターテインメントとしては物足りないモノなんだよね。
まぁ何というか、この映画はあくまでケニー・オルテガの作品でMJの作品じゃないって事。
MJの作品はステージ上で完成するハズだったが、結局ソレを見られる機会は永遠に失われたワケで、この作品はソレを期待して見るモノでは無いので、そのつもりで見た方が素直に楽しめると思う。
  1. 2010/02/03(水) 10:18:09|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところを見てきた。
まぁ正直な話、映画館で見るほどの事は無いと思う。
が、かいじゅうたちもマックスも非常に可愛らしく生き生きと描かれているし良くできた作品でもあると思う。
スパイク・ジョーンズ節が効いてて何だかドキュメント映画みたいだった。
うだうだしてたと思ったら唐突だし…こういうのが駄目な人や受け付けない人も居るだろうけど…。
贅沢を言えば、どうせまったり系の映画ならもっとダラダラと長くても良かった気がします。

あんま関係ないケド児童文学と絵本をこよなく愛した幼少期を過ごしたオイラは「かいじゅうたちのいるところ」と「かいぶつになっちゃった」のタイトルが頭の中でごちゃ混ぜになってどっちがどっちだったか最近まで思い出せなかった。
  1. 2010/02/01(月) 18:23:14|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ターミネーター4

ターミネーター4を見た。
てか邦題には4なんて入ってるが、原題は全然違うよね。
何か上映中もさほど評判になってるって話を聞かなかったケド面白かったと思う。
まぁ個人的には、色んな時間軸から色んな人が過去へ送り込まれてる、サラコナークロニクルの方がタイムパラドクスとかあって面白いと思うけどね。
この作品の中でも未来の事が過去に影響を与えるというタイムパラドクスはあるけどね。

以下、モロネタバレにつき注意。
【“ターミネーター4”の続きを読む】
  1. 2009/12/06(日) 05:50:54|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

重力ピエロ

映画「重力ピエロ」を見た。
まぁほのぼのと暗い話だった。
面白いけど…。
ぶっちゃけミステリとしては犯人が誰かはスグに分かっちゃうレベルだ。
もっと派手にはじけた救われない話だと思ってたから完全にオチは読み違えたけど…。(苦笑)
原作はもっとヒントを小出しにするだろうから序盤から犯人モロバレってな事は無いだろうけどね。
少なくとも映画版はミステリとしては微妙。
てか同じく伊坂幸太郎の作品を映画化した「Sweet Rain 死神の精度」も見てみたくなった。
今度見てみよう。
  1. 2009/11/23(月) 19:46:29|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦

「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」を見た。
しかし無駄にタイトルなげぇなこれ…。
ディケイドの名前がタイトルに含まれているけどディケイドは殆ど出番無しでゲスト出演程度。
てか別に電王だけで済む話なのを無理矢理映画化するのにディケイド本編とつなげたダケの感じ。
まぁ普通に面白かったケド、素直に電王だけのタイトルで良かったのにね…。
何かオレの記憶違いじゃなければ電王って「さらば仮面ライダー電王」でファイナルとか宣言したハズなんだケド…。
だからディケイドがらみで電王の映画を撮ったンだと思ってたケド…オレの勘違いか?
この映画見る限り、もしかして超・電王ってタイトル変えたダケでこのまま何本も映画化続ける気なんじゃね?って感じがするンですが…。
もしかして図星かね?
だったら最初からファイナルとか余計な事言わなきゃ良いのにね…。
  1. 2009/10/28(水) 22:48:55|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米沢守の事件簿

見たかった米沢守の事件簿を見た。
まぁ確かに面白かったンだが…コレって映画じゃなきゃ駄目だったんだろうか?
別にテレビで放送すれば良いだけだった気がする。
というかテレビでやるべきだろコレは…。
日本の放送局は人気番組のスピンオフ作品を映画でやりたがるケド、そもそもスピンオフ作品を映画でやる必要性って無くね?
まぁ希にスペシャル版としてテレビ放送の場合もあるけど…。
アメリカのテレビドラマ「Xファイル」に対する「ローン・ガンメン」や「バッフィー」に対する「エンジェル」のように連続テレビドラマとしてやればいいのに。
上記の海外ドラマでは本編と放送時期が被っていて両方見るとより深く話が楽しめる…とか非常に面白い事をやってるので映画やスペシャルとして放送するのは勿体ない気がするんだよね。
米沢ってキャラクターが非常に魅力的なので余計にそう思う。
米沢に限らず相棒の脇役をそれぞれ主人公にしたドラマを毎週一話ずつ放送するとか…色々出来そうな気がするんだけどねぇ…。
  1. 2009/10/25(日) 20:16:14|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

K-20

K-20が「何か微妙だなぁと思ったらキチンと痛快娯楽活劇で実は案外面白い!」という噂だったので映画館に行こうかとも思ったのですが結局見れず仕舞いだったのでDVDで見てみました。
まぁ評価はそのまんまでした。
確かに痛快娯楽活劇そのもので非常に分かりやすく十分楽しめる作品でした。
怪人二十面相の正体こそ見る前からモロバレでしたが、見所は特にソコじゃないので全然問題なし。
頭を使うタイプの楽しみ方をする映画ではないのでコレで良いと思います。
小さい頃、ポプラ社の少年探偵団シリーズを両親に買い与えられて育った自分としては怪人二十面相というのはそれだけで魅力的な題材だったしね…。
江戸川乱歩のソレとは全然違うけれどコレはコレで良いんじゃないでしょうか?
  1. 2009/07/04(土) 17:53:43|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい

いつの間にか公開されていた…というかそれどころか、いつの間にかDVDになっていた劇場版エウレカセブンを見た。
テレビ版とは登場人物の名前や役柄が別だったりする。(殆ど同じだが)
勿論ストーリーも別物。
平行世界と言うことなのだろうか?
テレビ版は面白かったケド長期の放送の中で最初と最後で方向性が変わっていた。
その点、映画版はストーリーの方向が途中で変わるという事はないのだが、まぁ映画版は映画版で難点を抱えている様だ。
テレビ版ありきの平行世界という感じなのでテレビ版を見てない人には余りお勧めできない。

正直、テレビ版と同じだなぁと思ったのは不幸の投げ売りが目立つこと。
ただ、テレビ版ではコーラリアンによる侵略という不幸の中でも幸せそうな人々が見られたのに対し、映画版では幸せそうな人が誰もいない事。
かろうじてエウレカに再会したレントンが幸せそうだけど…。
そもそも世界の危機・不幸に興味の無い人、不幸の中においても身近な幸せに気がつける人、不幸であることに気がつかない人、色々な形があるにしろ幸せというモノはどこかに存在するはずなのだが…己の不幸を呪う人や不幸に抗うことで不幸から離れられない人ばかりで現実感ゼロ。
幸せそうな人が誰もいない世界にはまるで共感が出来ないんだよね…。
映画という短い時間の中で必要な情報だけを集めてしまった結果、実はもっと必要なハズの情報が削られている印象を受けた。
もう一回編集し直すべきかもね。
まぁストーリー自体は悪くないし、エウレカもアネモネも魅力的だし、レントンもドミニクも格好良かったから良いんだけどね…。
てかこの映画…ニルヴァーシュとジ・エンドがメチャクチャ可愛いの一言に尽きる気がする。
最終的にはハッピーエンドなんだけど…ソレも何だか微妙だった。
忘年のザムドもそうだったケド…BONESって何でこんなに不幸が好きなんだ?
  1. 2009/06/28(日) 07:57:22|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天元突破グレンラガン 紅蓮編

劇場版「天元突破グレンラガン」を見た。
何か中盤がスゲー端折られていたがテレビ版を見てれば問題ない感じ。
ただ、テレビ版を見てなかった人にはチョット物足りない感じなんじゃなかろうか?
まぁ前半は結構キチンと描かれているし、後半は完全にテレビ版とは別物なので問題ないケドね。
てか紅蓮編はてっきり螺旋王ロージェノムを倒すトコまでやるモンだと思ってたら四天王を倒すトコまでだった。
螺巌編は対ロージェノムから始まって対アンチスパイラルに突入するって事か…。
何かイマイチ区切りとしては微妙な気がする。
そういう区切りなら紅蓮編・螺巌編はぶっ通しで見られる様に上映して欲しかったなぁ…。
十分面白かったが、テレビ版見てない人には少々不親切かも知れないので未見の人に勧める程では無いかなぁ…。
まぁそんな感じ…。
【“天元突破グレンラガン 紅蓮編”の続きを読む】
  1. 2009/05/01(金) 21:24:38|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魍魎の匣

こないだ「容疑者Xの献身」を見た際に、やっぱり堤真一は格好良いなぁ…てか堤真一といえば「魍魎の匣」まだ見てなかったなぁ…てな感じで思いだしたので映画版の「魍魎の匣」を見た。
美少女とかバラバラ殺人とかカストリとかキャッチーな序盤に惹かれて後半の生命維持装置の説得力のなさにどん引きというパターンは原作も映画も一緒だったなぁ…。
まぁ堤真一つながりで見たダケなんでどうでも良いけど…。
てか原作の百鬼夜行シリーズも「邪魅の雫」を発売直後に購入しながら未読だったりするんだよね…。
いい加減読もうかなぁ…てか何処にやったのかも覚えて無いや…。
それ以前にソレまでの話をイマイチ思い出せない…。
  1. 2009/04/22(水) 18:38:13|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

相棒 劇場版

テレビでやってたので録画して見た。
まぁ普通に面白かったケドなんか尺が足りてない気がした。
コレならテレビで三話使ってもう少し踏み込んだ作品に仕上げてくれた方がうれしかったなぁ…。
てかこの程度なら劇場に見に行かなくて正解だったと思う。
「鑑識米沢守の事件簿」も気になってるンだけど、コレ見たら劇場へ足を運ぶ気が多少萎えた。
「鑑識米沢守の事件簿」の為の宣伝として放送したんだろうケド、逆効果な様な気もしないでもない。
ただ、「鑑識米沢守の事件簿」の宣伝の為に傑作選をやってくれているのはスゴイ有り難い。
リアルタイムで見逃した作品を何本か見ることが出来た。
前後編に分かれてた話の前編しか見れなかったり後編しか見れなかったりしたのでコレでやっと内容が分かった。
相棒の登場人物の中では米沢が一番好きだし「鑑識米沢守の事件簿」見に行こうかなぁ…。
でもDVDやテレビで良いような気もするんだよねぇ…。
【“相棒 劇場版”の続きを読む】
  1. 2009/04/01(水) 20:17:21|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハンコック

韓国のタイヤメーカーみたいな名前のヒーローが主役の映画…ハンコックを見た。
まぁなんというかそれなりの映画。
面白いと手放しで褒められるほどではないが、それなりに楽しめたと思う。
無理矢理な弱点の設定と、ソレを分かっていながら無駄に弱点になる状況を作り出すという演出は酷いの一言につきるが、それ以外は良かったんじゃないかと思います。
つまらなくはないから見ても損はしないんじゃないでしょうか?
日本ではほぼ同時期に公開されたハルクやアイアンマンに比べるとレベルは低いですが、未だそれらを見てない人なら見ても良いと思う。
まぁ見ちゃった人には物足りないかも知れないけどね。
でもその程度の作品なので間違ってもバットマン・ダークナイトとは比べないでください。
そんな感じ。
  1. 2009/03/21(土) 15:39:01|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

容疑者Xの献身

劇場で見るつもりだったけど結局DVDで見ました。
大変面白かったです。
見る前からだいたいのストーリーの流れは分かっていたケド、それでも十二分に楽しめました。
てかめっちゃ泣いた…。
堤真一はやっぱ良いなぁ。
ただ、映画の主題が狂信的なまでの無償の愛に偏っている事でトリックに関する意識が働かないという点には少々難があるかも。
ソッチに興味がある人は、感情移入して見るとイマイチよく分からない状態で話が進み…気がついたらネタばらしされてるという状況に不満を覚えるかも。
あと、湯川が石上に提示した問題…アレの答えは何処に行ったのかね?
今回の事件そのものに対して湯川が述べた事として解釈した方が良いのだろうか?
その点がよく分からなかったかな…。

原作を読めば理解も深まるかなぁとは思うんだけどね…。
でもガリレオシリーズは原作と映像作品って別物らしいしどうなんだろう?
以前だったらスグ原作を読みたくなったンだろうけど最近そういう意欲が激減してきた気がする。
なんか老いたなぁ…俺…。
  1. 2009/03/21(土) 12:59:46|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

映画アイアンマンの追記

映画、アイアンマンのラストにニックフューリーなる人物が出てきます。
彼はアメリカの秘密組織S.H.I.E.L.D.の長官なんですが…原作では白人な筈なのに劇中ではサミュエル・L・ジャクソン…何故か黒人…。
何故!?と思った方も多いかと思います。
で、調べてみたんですが…コレはマーベルユニバースのパラレルワールドであるアルティメットユニバースの所為みたいです。
アルティメットユニバースではニック・フューリーって黒人らしいです。
しかも…よりによってサミュエル本人がモデルになってるそうで…。
その所為で映画のニックをサミュエルが演じてるみたいです。
正直、アルティメットシリーズが嫌いなので余計なコトしてくれたなぁ…としか言えないッスね。
アルティメットシリーズはマーベルユニバースの話が混乱しすぎたので、設定や歴史を今っぽく脚色し直しただけの駄作です。
ハッキリ言ってハチャメチャなのがウリのアメコミにあんな余計なモノは要らないのでそんなモンにマーベルユニバースを穢されれたくないんだけどどうにかならんのかね…。
  1. 2008/10/19(日) 22:21:59|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アイアンマン

フツーに見るだけならこれっぽっちも頭を使わないアクション映画としてキチンと面白かった。
因みに、主人公トニー・スタークは天才科学者で軍事企業スターク・インダストリーズのCEOで、大量破壊兵器を売りさばく所謂死の商人。
そんな彼がある日突然心を入れ替えヒーローに…というお話なんだけど…コレがとてもアメリカ的なヒーローなのであまりヒーローという部分を素直に受け止めちゃ駄目。
しかも彼のお父さんは第二次大戦で核爆弾の開発に携わってます。
本来、日本人から見りゃとんでもない悪人の息子です。(苦笑)

細かい内容ですが…劇中では続編への伏線貼りまくりなのが原作を知ってる人には良く分かったと思う。
続編では多分ウォーマシンネタが出てくるでしょう。(笑)
内容はスッカスカで完全なるアクション娯楽大作なのでネタバレも何も無いです。
内容スッカスカなのがイヤな人には勧められないし、映像的に派手で面白ければ良いという人にはオススメ。
「アイアンマンカッケー!!」とか「しかしロバート・ダウニーJr.って格好良いよね…。」とか「ってかグウィネス・パルトローは美人だよなぁ…。」とかそんな映画。

ただし…最後だけは…駄目。
マジでキレた。
スタッフロールのあとに続きがあります…とか要らないテロップ出すな!!
あぁいうのはマジで映画を見てる気分が台無し。
あとね…その続きが最悪だった。
既に決定しているアヴェンジャーズの映画化への伏線なんだけど…ニックが!!
ニック・フューリーが…俺の大嫌いなサミュエル・L・ジャクソンなんだもん!!
何でニックが黒人なんだよ!!(怒)
あいつマジでイラネェ…。
つーかニックを演じるならマイケル・ジャクソンを見習って白くなれ!!
  1. 2008/09/29(月) 18:26:19|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

BATMAN DARK KNIGHT

今日はアクロス・ザ・ユニバースとバットマンのどっちを見るか悩んだのだが結局バットマンの最新作を見てきました。
正直な感想…マーヴェル好きとしてはとても悔しいが圧倒的にバットマンが面白い。
DCコミックスのヒーローと言えばまぁスーパーマンかバットマンかどちらかが上がると思うんだが…そのDCコミックのヒーローでもどっちかと言えばスーパーマンが好きなんだけど…それでもDARK KNIGHTに限って言うならバットマンが面白い。
つーかジョーカーが反則。
こりゃヒース・レジャーの演技力の賜物だわ…。
ジャック・ニコルソン?誰ソレ?って感じ。
今作がヒース・レジャーの遺作となってしまったのが非常に残念でならない…。

マーヴェル好きとしてマーヴェル作品のインクレディブル・ハルクの養護をするならアレはマーヴェルユニバースありきのアメコミファン向けの作品としての完成度に重点を置いて勝負している。
しかしDARK KNIGHTは単体の映画としての質が高い。
それぞれシリーズモノらしさと一本の映画としての質…目指しているモノが違うんだよね。
質の差がある以上同列で比較するのは違う気もするが…でもソレが何か言い訳がましく聞こえてしまう程にDARK KNIGHTは面白かった。
そう思わせるほどのヒース・レジャー演じる鬼気迫るジョーカーは素晴らしかった。
まさに狂気そのもの。

何がスゴイって…バットマンやトゥーフェイスには感情移入出来るんだけど、ジョーカーには全く感情移入できないンだよね。
そりゃそうだ…狂人なんだもの。
ヒーロー映画なのにどんなサスペンス映画よりスリリングで恐い!!
何じゃコリャ!!?って感じでした。
ココまでの演技されたらこの後どうするんだろう…。
誰も彼の後ジョーカーを演じられないんじゃないんだろうか?
ソレが心配です。
  1. 2008/08/14(木) 17:36:02|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

インクレディブル・ハルク

公開初日にインクレディブル・ハルク見てきました。
いやーおもろかったわ。
前作が画面真っ暗で何が起きてるのかイマイチだったのであまり期待してなかったンだけどね。
今作も前半は画面真っ暗なんだけど…でもアレは多分意図的に正体を見せないようにしてた演出だったからアリかな。
後半はハルクの活躍がキチンと描かれてるしね。

つーか冒頭にイキナリ「ニック・フューリー」fだの「スターク・インダストリーズ」だのアメコミファンには堪らないフレーズが出てきてサービス満点。
お約束の出たがりじいさんも健在。(笑)
ハルクなんかより遙かに超人じみたスタン・リーに完敗。
つーかさぁ…最後のシーンにトニー・スターク本人が出てくるし…サービスし過ぎだよこの映画。

因みにパンフ見るまで気付かなかったケド、物語最後に出てきたハルクの逃亡先はウルヴァリンの生まれ故郷だそうです。
こりゃウルヴィとハルクを競演させますよって複線ですか?
ってかウルヴィのマーヴェル作品初登場はハルクだし…無きにしも非ずって感じ。
近々ウェポンX(ウルヴィ誕生秘話)の映画化らしいからおそらくソコにカメオ出演しますって事なんだろうなぁ…。
ってかコリャ9月公開のアイアンマンも見逃せないなぁ…。
【“インクレディブル・ハルク”の続きを読む】
  1. 2008/08/02(土) 00:40:27|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

純喫茶 磯辺

見てきた。
映画館で見るような映画じゃない気がしたが映画館へ行かなかったら見なかっただろうなぁ…。
面白くないワケじゃないンだけど…山場とかそういうのが無くて、テンションの低い映画なので見終わっても何か胸がスカッとするわけでなく…ボヘーって感じ。
つーかさぁ…予告編がほぼ美味しいトコ出しちゃってるんだよね…。
アレはいかんわ…。
予告編作ったヤツ死んだ方が良い。

この手のテンションの低い映画としてはむしろ面白いンだけどね…。
宮迫さん良い味出してるなぁ…とか仲里依紗は可愛いね…とか麻生久美子さんの安っぽい喫茶店の制服は戴けないなぁ…とかそんな感じで見てたら映画が終わってました。
なんつーかこの手のが好きな人は居るんだろうけど、オススメするべき人が思い当たらないンだよねぇ…。
まぁそんな映画…。
  1. 2008/07/07(月) 18:55:05|
  2. 映画感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。